世界選手権代表強化合宿7

マーメイドジャパンは来週からの欧州遠征を控え、ラストスパートに入っています。オリンピック翌年は,各国ともに選手やコーチの入れ替えがあり,世界の地勢図がどのように変わるか,注目されます。
日本にとっても,日本の真骨頂が試されるシーズン始めの大事な遠征になります。

マーメイドジャパン出場大会
3月3日−5日 ジャーマンオープン(ドイツ・ボン)
3月10日ー12日  フレンチオープン(フランス・パリ)

▼24/7(トウェンティフォー・セブン)体制でチームのケアとコンディショニングを担当してくださっている浅岡良信フィジカルコーチ(中央),栄徳篤志フィジカルコーチ(右),杉田真理子トレーナー(左).
170220japan1
170220japan2
170220japan4
170220japan3

日本代表派遣選手選考会

2月18日(土)、19日(日)に国立スポーツ科学センターにおいてスイスオープン2017・日本代表派遣選手最終選考会と第9回アジアエージグループ選手権大会・日本代表派遣選手最終選考会がそれぞれ行われました。

スイスオープン2017 派遣選手最終選考会は先日行われたナショナルトライアル2017の結果から出場資格を得た19名の選手が出場しました
まず18日にフィジカルテスト(選考課題I)とルーティンセット2種目(選考課題II)が行われ、その合計得点に身長減点を課した得点で上位15名を選抜します。翌19日に前日の結果で選ばれた15名が選考課題IIIとなるチームテクニカルルーティンを行い、その結果を加えた得点が最終結果となります。
本選考会最終結果を参考に最終的に最大11名が選考され、代表派遣選手となります。

第9回アジアエージグループ選手権大会派遣選手最終選考会は、16-18歳区分である1999年~2001年生まれで、昨夏行われた日本シンクロチャレンジカップ2016フィギュア結果とナショナルトライアル2017デュエット規定要素の結果から出場資格を得た24名の選手が出場しました。
こちらもまずは18日のフィジカルテスト(選考課題I)からスタートしました。
その得点と19日午前中に行われたフィギュア競技(選考課題II)とパーフェクトスプリット(選考課題III) の合計得点に身長減点を課した得点で上位18名を選抜。その18名がチームテクニカルルーティン(選考課題IV)を泳ぎ、その得点を加算した得点で最終結果を出します。
本選考会最終結果を参考に最終的に最大12名が選考され、代表派遣選手となります。

▼フィジカルテストでは腹筋・背筋・腕立て・懸垂・泳力を測定
1702sele_フィジカルテスト
▼背筋測定
1702sele_背筋
▼腕立て測定
1702sele_腕立て

 ▼スイスオープン2017選考課題IIのルーティンセット
1702sele‗RS
▼ルーティンセットは14名のジャッジにより採点される。
1702sele‗RSjudge
 
▼アジアエージ代表選考のフィギュア競技
1702sele‗figure
▼パーフェクトスプリットは左右のスプリット姿勢のみで柔軟性を採点する。
1702sele‗split

▼チームテクニカルルーティン/スイスオープン代表選考は3分弱のルーティンを2回連続で泳ぐ。
1702sele_rou3
1702sele_rou2
1702sele‗routine

マーメイドジャパン 記者会見&公開練習

2月15日(水),国立スポーツ科学センター・ナショナルトレーニングセンターにおいて,シンクロマーメイドジャパンの公開練習およびジャパンオープン2017記者発表が行われました。選手,コーチからはジャパンオープン2017への意気込みが語られました.
 ジャパンオープン2017は,今年からFINAシンクロワールドシリーズ大会の一大会となります.すでに多くの国から参加意思があり,これまでよりも一段と盛大な大会になる予定です.

▼記者会見/選手一同
1702kaiken_sensyu

▼デュエット代表/(左から)中村麻衣選手・乾友紀子選手・中牧佳南選手
1702kaiken_duet

▼ミックスデュエット代表/安部篤史選手・足立夢実選手
1702kaiken_mixd

1702kaikenin_interview

▼公開練習/デュエット
1702training3
1702training6
1702training2

▼チーム
1702training1
1702training4
 
記事検索
QRコード
QRコード
注意事項
マーメイド日記に掲載される個々の文章、写真その他に関する著作権は、公益財団法人日本水泳連盟に帰属します。無断転用は禁じます。