IOC Coaches Lifetime Achievement Awardsを受賞されました

このたび金子正子前シンクロ委員長が「第1回 IOC Coaches Lifetime Achievement Awards」を受賞され、11月9日にスイス・ローザンヌで授賞式が執り行われました。
現地より授賞式の写真が届きましたので、掲載させていただきます。
この賞は世界の全スポーツの中からコーチとして世界レベルで活躍し、オリンピックムーブメントにも貢献した方に贈られるもので、女性と男性各1名ずつ選ばれました。女性コーチの初代受賞者として金子正子先生が選考されたことは日本シンクロ関係者としても大変な栄誉です。長年日本シンクロ界を牽引してこられた金子先生に感謝をさせていただくとともに、今回の受賞を心からお祝い申し上げます。金子先生、おめでとうございます!
今後のますますご活躍されますことを心より祈念いたします。

▼とても素敵なガラディナーでした。
金子先生のお隣はIOCバッハ会長。左隣は男性部門の受賞者Jon Urbanchek氏(アメリカの世界のトップ選手を数多く育てた競泳のコーチ)。1番左はこの賞の設立を手がけた、元棒高跳び世界記録保持者セルゲイブブカ氏。
金子先生表彰1

金子先生表彰2

2017年度 第1回ジャンパー育成プロジェクト合宿

先週末、2017年度ジャンパー育成プロジェクト選考合宿の結果、23名の強化対象選手が選考され、11月4日〜5日に第1回ジャンパー育成合宿を実施いたしました。
初日は吉沢剛トレーナーによる「ジャンプ能力を高めるトレーニング」と立花泰則先生による「動きを高めるトレーニング」、山本宜史先生による「トランポリン」。第二日目は日高舞先生と立花泰則先生による「動きを高めるトレーニング」を行いました。それぞれの得意不得意も見えてきて、さらにトレーニング課題が明確となりました。
次回合宿は12月に実施します。

2017年度ジャンパー育成プロジェクト強化対象選手
1.即戦力ジャンパー強化プロジェクト(10名)
  京極 おきな (ナショナルチーム)
  廣田 樹 (井村シンクロクラブ)
  塚本 真由 (ナショナルチーム)
  鈴木 深結 (アクラブ調布)
  吉田 萌 (ナショナルチーム)
  大屋 希良々 (ナショナルチーム)
  柳澤 明希 (アテナアクアメイツ)
  渡邉 夢乃 (アクラブ藤沢)
  藤原 茉那 (長野シンクロクラブ)
  吉田 理恵 (東京シンクロクラブ)

2.ジャンパー発掘育成プロジェクト(8名)
  江嵐 みずほ (富山スイミングクラブ)
  西垣 友里加 (サンケイ ST)
  内田 桜子 (アクラブ藤沢)
  廣田 憩 (井村シンクロクラブ)
  金山 明香里 (井村シンクロクラブ)
  武内 優里香 (アクラブ調布)
  畑中 愛梨 (eel synchro)
  村上 あんづ (アクラブ調布)

3.セカンド強化プロジェクト(5名)
  熊谷 日奈多 (井村シンクロクラブ)
  福村 寿華 (ナショナルチーム)
  安永 真白 (ナショナルチーム)
  吉野 倫加 (ナショナルチーム)
  公門 なつの (井村シンクロクラブ)

2017年度ジャンパー育成プロジェクト選考合宿

10月28日(土)〜29日(日)、ナショナルトレーニングセンターにて2017年度ジャンパー育成プロジェクト選考合宿が行われました。
全国より56名の選手が、即戦力ジャンパー強化プロジェクト、ジャンパー発掘育成プロジェクト、セカンド強化プロジェクトの3部門を目指し、さまざまな測定を行いました。
また、今日はTOKYO2020の1000日前にあたり,さくらダイニングには「あと1000日」と記したお寿司が飾られていました。

1710jumper7

1710jumper1

1710jumper2

1710jumper3

1710jumper4

1710jumper5

1710jumper_v2

1710jumper_v1

1710jumper6


記事検索
QRコード
QRコード
注意事項
マーメイド日記に掲載される個々の文章、写真その他に関する著作権は、公益財団法人日本水泳連盟に帰属します。無断転用は禁じます。