AS・ナショナルトライアル2019

1月27日、前日より引き続き横浜国際プールでアーティスティックスイミング・ナショナルトライアル2019が行われました。
この大会はテクニカルルーティン規定要素を個別に採点し、競われる大会で、ソロ、デュエット、チーム、それぞれ5つのエレメンツから抽選で選ばれた4つのエレメンツを行い、フィギュア競技のように100点満点に換算し、順位を決定します。 ソロ規定要素、デュエット規定要素、チーム規定要素の全てに出場した選手の中で、合計得点が最も高かった選手に「Queen of Elements(クイーン・オブ・エレメンツ)」 賞が授与されます。
ソロ・デュエット・チーム全ての種目でハイレベルの技術を見せた乾友紀子選手が圧倒的な強さを見せて3種目を制覇。クイーンオブエレメンツに輝きました。

◆クイーンオブエレメンツ
1 乾 友紀子 1990 ナショナルチーム 83.4931 84.4143 85.9591 253.8665
2 吉田 萌 1995 ナショナルチーム 78.5436 79.9286 82.1827 240.6549
3 澤田 眞夏 1996 東京ASC 72.3624 73.6929 74.4615 220.5168

▶クイーンオブエレメンツに輝いた乾友紀子選手(ナショナルチーム)
nt_queen

ソロ規定要素
1 ナショナルチーム 乾 友紀子 1990 83.4931
2 ナショナルチーム 吉田 萌 1995 78.5436
3 東京ASC 澤田 眞夏 1996 72.3624
4 アクラブ藤沢 渡邉 夢乃 2000 72.3555
5 井村ASC 廣田 樹 2001 71.3372
6 長野ASC 須藤 美紅 1999 71.0894
7 ジョイフルAC 佐藤 友花 2001 70.9587
8 アテナAM 宮内 花菜 2002 70.8853

▶ソロ表彰式/左から吉田萌選手・乾友紀子選手・澤田眞夏選手
nt_soloduet

デュエット規定要素
1 ナショナルチーム 乾 友紀子 1990 84.4143
2 ナショナルチーム 吉田 萌 1995 79.9286
3 東京ASC 澤田 眞夏 1996 73.6929
4 ジョイフルAC 佐藤 友花 2001 72.3024
5 アテナAM 宮内 花菜 2002 71.2881
6 長野ASC 和田 彩未 2003 70.9714
7 井村ASC 細川 朝香 2000 70.8357
8 AS広島 青山 優奈 2002 70.7738

▶デュエット入賞者
nt_soloduet

チーム規定要素
1 ナショナルチーム 乾 友紀子 1990 85.9591
2 ナショナルチーム 小俣 夏乃 1996 82.9399
3 ナショナルチーム 丸茂 圭 1992 82.6106
4 ナショナルチーム 吉田 萌 1995 82.1827
5 ナショナルチーム 安永 真白 1999 81.4543
6 ナショナルチーム 福村 寿華 1996 78.9904
7 ナショナルチーム 塚本 真由 1997 76.0962
8 東京ASC 澤田 眞夏 1996 74.4615

▶チーム表彰式/左から小俣夏乃選手・乾友紀子選手・丸茂圭選手
nt_team

▶競技の様子
nt_

ナショナルトライアル2019 競技結果

第22回13‐15歳ソロ・デュエット大会 デュエット競技

続けておこなれたデュエット競技はチェコ・クリスマスプライズ2018代表の中板清乃・稲冨優美花ペア(東京アーティスティックスイミングクラブ)が難度の高いルーティンをしっかり泳ぎ切り、2位以下に3点近い点差をつけて優勝しました。2位にはフィギュア1位の得点を獲得していたみえA.S.Cの種田なつは・島田綾乃ペアが独創性のあるルーティンで入賞、そして息の合ったルーティンを披露したザ・クラブピア88の藤井萌夏・堀田雪菜ペアが3位入賞を果たしました。
またジョイフルアスレティッククラブの岡野日和・佐藤陽太郎ペアが今大会史上初、ミックスデュエットとして今大会に出場を果たしました。

▶左から/種田なつは選手・島田綾乃選手・中板清乃選手・稲冨優美花選手・藤井萌夏選手・堀田雪菜選手
sd_duet

デュエット競技
1 東京ASC 中板 清乃 2005 74.3333 65.5037 139.8370
稲冨 優美花 2004
2 みえA.S.C 種田 なつは 2004 71.1000 65.8346 136.9346
島田 綾乃 2006
3 ザ・クラブ  ピア・88 藤井 萌夏 2004 72.4333 64.0784 136.5117
堀田 雪菜 2004
4 井村ASC 三上 こころ 2004 73.1667 63.2353 136.4020
金山 千明里 2005
5 井村ASC 橋本 毬愛 2006 70.2333 63.9351 134.1684
金山 万明里 2006
6 長野ASC 和田 京羽   2005 71.9333 62.0466 133.9799
古志野日菜子 2006
7 アクラブ藤沢 内田 桜子 2005 69.3000 63.5932 132.7599
酒匂 結衣 2004
8 井村ASC 下田 綺良々 2004 69.1667 63.1777 132.3777
西村 若葉 2004

▶デュエット優勝/中板清乃選手・稲冨優美花選手(東京ASC)
sd_duet11

▶デュエット2位/種田なつは選手・島田綾乃選手(みえA.S.C)
sd_duet13

▶デュエット3位/藤井萌夏選手・堀田雪菜選手(ザ・クラブピア88)
sd_duet12


▶ミックスデュエットとして初出場を果たした岡野日和選手・佐藤陽太郎選手(ジョイフルAC)
sd_duet14

第22回13‐15歳ソロ・デュエット大会 競技結果

第22回13‐15歳ソロ・デュエット大会 ソロ競技

1月26日、横浜国際プールにおいて、第22回13‐15歳ソロ・デュエット大会が開催されました。
13‐15歳のユース世代のみで行われる今大会、今年は2004~2006年生まれの選手が対象で、各ブロックで行われた予選会で標準点をクリアした21クラブ59名の選手が出場しました。

ソロ競技はフィギュア競技3位で東京ASCの中板清乃選手がフリールーティンで逆転。140.0250ポイントを獲得し、2位以下に2点以上の差をつけて優勝しました。
2位にはフィギュアで2位つけていた金沢SC小立野の重山玲於奈選手が入賞し、フィギュア10位だった井村ASCの三上こころ選手がフリールーティンでは2位となる演技を見せて3位になり、逆転の表彰台となりました。

▶左から重山玲於奈選手・中板清乃選手・三上こころ選手
sd_solo

ソロ競技
1 東京ASC 中板 清乃 2005 74.4000 65.6250 140.0250
2
金沢SC小立野 重山 玲於奈 2004 71.8333 65.8162 137.6495
3 井村ASC 三上 こころ 2004 72.8000 64.3848 137.1848 
4 みえA.S.C 種田 なつは 2004 70.8333 66.0907 136.9240
5 ザ・クラブ  ピア・88 藤井 萌夏 2004 72.5000 64.4093 136.9093
6 みえA.S.C 島田 綾乃 2006 70.7667 65.5784 136.3451
7 ザ・クラブ  ピア・88 堀田 雪菜 2004 71.5667 63.7475 135.3142
8 アテナアクアメイツ 粟飯原 海 2004 70.3333 64.6054 134.9387

▶ソロ優勝・中板清乃選手(東京ASC)
sd_solo11

▶ソロ2位・重山玲於奈選手(金沢SC小立野)
sd_solo12

▶ソロ3位/三上こころ選手(井村ASC)
sd_solo13

第22回13‐15歳ソロ・デュエット大会 競技結果

記事検索
QRコード
QRコード
注意事項
マーメイド日記に掲載される個々の文章、写真その他に関する著作権は、公益財団法人日本水泳連盟に帰属します。無断転用は禁じます。