ルール改正特別研修会

2月11日、12日の2日間に渡り、JISS研修室及びシンクロプールにおいて、ルール改正特別研修会が行われました。
4年に1度のルール改正で全国から約150名のシンクロ関係者が参加しました。

初日は強化報告からスタートし、FINAルール改正点について、競技会について、そしてバッジテスト改訂についての説明が行われました。
また講義終了後には懇親会が行われ、全国の各加盟団体のアピールタイム、金子正子前シンクロ委員長のIOC CoachesLifetime Achievement Awards受賞のお祝いなど、和やかなひと時となりました。

2日目は朝からプールセッションで、バッジテストの改訂箇所や、基本技術や新フィギュアの指導ポイントの説明が行われました。
昼食を挟んで、午後は減点についての講義から始まり、シンクロプールへ移動し、新しいテクニカルルーティン規定要素の紹介、指導ポイントと減点に関する解説が行われました。プールセッションではナショナル選手からジャンパー強化指定選手、関東ブロック所属の小中学生がデモ選手の協力のもと、より実践的な解説となりました。
最後にはアクロバティック動作に関する解説が行われ、2日間に渡る研修会が終了しました。

今回は多くの皆様にご参加いただき、ありがとうございました。
また、ナショナルコーチをはじめ、講師の皆様、スタッフの皆様、ナショナル選手、デモ選手など、関係者の方々、お疲れ様でした。大変お世話になりました。


▼全国から150名弱のシンクロ関係者たちが集まりました。
1802rule1

1802rule2

▼本間シンクロ委員長
1802rule3

▼井村ナショナルヘッドコーチ
1802rule4

1802rule5

1802rule6

1802rule7

1802rule8

▼ナショナルチームの選手をはじめ、ジャンパー強化指定選手、関東ブロックから小中学生がデモ選手として協力をしてくれました。
1802rule9



2018年度日本代表派遣選手選考会 2日目

2018年度日本代表派遣選手選考会2日目はジュニア代表選考会のパーフェクトスプリットとチームテクニカルルーティン、B代表選考会のチームテクニカルルーティンが行われました。

選考会結果は以下のサイトをご覧ください

2018年度ナショナルBチーム 日本代表派遣選手選考会

第16回FINA世界ジュニア選手権大会 日本代表派遣選手選考会

180210sele4

180210sele3

180210sele2

180210sele1




2018年度日本代表派遣選手選考会

2月9日、10日の二日間に渡り、日本代表派遣選手選考会がJISS 国立スポーツ科学センターで行われています。
今回選考されるのは2018年度ナショナルBチーム(アメリカオープン派遣予定)と、第16回FINA世界ジュニア選手権大会に派遣される2018年度ジュニア代表派遣選手です。

今選考会には、先月行われたナショナルトライアル2018の結果から、選考基準を満たした選手たち45名(ナショナルB選考会20名、ジュニア代表選考会25名)が出場しています。
また今年は史上最多の全国から17クラブからのエントリーとなっています。

本日は両区分ともフィジカルテストとルーティンセット2種目が行われました。
ナショナルB代表選考会は本日の結果上位15名が、そしてジュニア代表選考会は本日の結果と明日午前に行われるパーフェクトスプリットとの合計結果上位18名が明日の選考課題、チームテクニカルルーティンに進出します。

180209sele4

180209sele1

180209sele3

180209sele2

180209sele5




記事検索
QRコード
QRコード
注意事項
マーメイド日記に掲載される個々の文章、写真その他に関する著作権は、公益財団法人日本水泳連盟に帰属します。無断転用は禁じます。