AS・ナショナルトライアル2020

1月27日、神奈川県・横浜国際プールにおいて、AS・ナショナルトライアル2020が行われました。

ソロ、デュエット、チームのテクニカルルーティン規定要素を個別に採点して行われる今大会。それぞれの5つのエレメンツから4つを抽選で選び、フィギュア競技のように行い、その合計得点で順位が決定します。ソロ規定要素、デュエット規定要素、チーム規定要素の全てに出場した選手の中で、合計得点が最も高かった選手に「Queen of Elements」 賞が授与されます。

今年は過去に優勝歴のある選手が不在だったため、誰が勝っても初優勝という状況。各選手の実力も拮抗しており、各種目で表彰台の顔ぶれが変わるという面白い展開となりました。
それぞれの優勝選手はソロ・佐藤友花(ジョイフルAC)、デュエット・青山優奈(AS広島)、チーム・細川朝香(井村ASC)となり、ソロ優勝、そしてデュエットとチームで2位につけたジョイフルアスレティッククラブの佐藤友花が2020年のクイーンオブエレメンツに輝きました。

▼Queen of Elements/佐藤友花(ジョイフルアスレティッククラブ)
200125NT_QOE

★クイーンオブエレメンツ結果
1 佐藤 友花 2001 ジョイフルASC 76.8168 74.0022 74.7188 225.5378
2 青山 優奈 2002 AS広島  76.3427 74.0625 73.8654 224.2706
3 細川 朝香 2000 井村ASC  74.3685 73.8884 74.8101 223.0670

▼ソロ表彰/左から青山優奈・佐藤友花・和田彩未
200126NT_solo

ソロ規定要素結果
1 佐藤 友花 2001 ジョイフルAC 76.8168
2  青山 優奈 2002 AS広島  76.3427
3  和田 彩未 2003 長野ASC  75.9224
4  廣田 憩  2003 井村ASC  75.1487
5  廣田 樹  2001 井村ASC  74.3750
6  細川 朝香 2000 井村ASC  74.3685
7 鈴木 深結 1999 アクラブ調布 73.2392
8  澤田 眞夏 1996 東京ASC  73.1638

▼デュエット表彰/左から佐藤友花・青山優奈・澤田眞夏
200126NT_duet

デュエット規定要素結果
1 AS広島  青山 優奈 2002 74.0625
2 ジョイフルAS 佐藤 友花 2001 74.0022
3 東京ASC  澤田 眞夏 1996 73.9152
4 井村ASC  細川 朝香 2000 73.8884
5 長野ASC  和田 彩未 2003 72.9643
6 東京ASC  吉田 理恵 2000 72.0826
7 井村ASC  廣田 樹  2001 71.6763
8 アクラブ調布 鈴木ひかり 2002 71.5335

▼チーム表彰/左から佐藤友花・細川朝香・青山優奈
200126NT_team

チーム規定要素結果
1 井村ASC  細川 朝香 2000 74.8101
2 ジョイフルAC 佐藤 友花 2001 74.7188
3 AS広島  青山 優奈 2002 73.8654
4 長野ASC  和田 彩未 2003 73.6418
5 東京ASC  澤田 眞夏 1996 73.2716
6 井村ASC  廣田 樹  2001 73.1154
7 東京ASC  吉田 理恵 2000 72.1707
8 アクラブ調布 鈴木ひかり 2002 71.8702

▼大会会場
200126NT1

200126NT2

ASナショナルトライアル2020 競技結果


第23回 13-15歳ソロ・デュエット大会 デュエット競技

デュエット競技には22組が出場しました。
姉妹でペアを組んだ金山千明里・金山万明里組(井村ASC)が展開が早く、難度の高いルーティンでフリールーティンでも1位の得点を獲得し、フィギュア得点との合計で2位以下に更に差をつけての完全優勝となりました。
2位には和田京羽・古志野日菜子組が完遂度で高い評価を得て、4位だったフィギュア競技から総合2位に食い込みました。3位にはソロ競技で2位となったみえA.S.Cの島田綾乃が2007年生まれの小学6年生坪井麗美伽とペアを組み、2種目目の表彰台乗りを果たしました。

200125duet

デュエット競技結果
1 井村アーティスティックスイミングクラブ 75.0667 66.6276 141.6943
金山千明里 2005
金山万明里 2006
2 長野アーティスティックスイミングクラブ 74.4333 65.6014 140.0347
和田 京羽 2005
古志野日菜子 2006
3 みえA.S.C 72.9333 66.3132 139.2465
島田 綾乃 2006
坪井麗美伽 2007
4 イール浜松 72.2000 65.9514 138.1514
高澤 希輝 2005
畑中 愛梨 2006
5 アテナアクアメイツ 73.3333 64.8000 138.1333
中谷 奏空 2005
竹井 枝里菜 2005
6 京都踏水会水泳学園 73.1333 64.5263 137.6596
田部井柚子 2006
金光 碧音 2006
7 井村アーティスティックスイミングクラブ 71.8000 65.4132 137.2132
橋本 毬愛 2006
松山 優杏 2006
8 アーティスティックスイミング広島 72.2667 64.3145 136.5812
新 直乃子 2007
新 佳乃子 2007

▼1位/金山千明里・金山万明里(井村ASC)
1_imura

▼2位/和田京羽・古志野日菜子(長野ASC)
2_nagano

▼3位/島田綾乃・坪井麗美伽(みえA.S.C)
3_mie

第23回 13‐15歳ソロ・デュエット大会 競技結果

第23回 13-15歳ソロ・デュエット大会 ソロ競技

1月25日、神奈川県横浜国際プールにおいて、第23回13-15歳ソロ・デュエット大会が行われました。
13歳から15歳までのユース世代の大会でソロ、デュエットの2種目が行われ、フィギュア競技とフリールーティン競技の合計得点で争われます。今年は2005~2007年生の選手が対象となっており、全国より15クラブ53名が出場しました。

ソロ競技は昨夏行われた世界ユース選手権代表の3選手が上位を占めました。
中板清乃(東京ASC)が高難度のルーティンを泳いで、フィギュア3位からの逆転優勝し、昨年に続き2連覇を果たしました。続く2位には芸術性の高いルーティンを泳いだ島田綾乃(みえA.S.C)がフィギュア2位、ルーティン2位と安定した実力を見せました。フィギュア1位の内田桜子(アクラブ藤沢)はルーティンで5位と後退しましたが、合計得点で3位を死守しました。

200125solo

ソロ競技
1 東京アーティスティックスイミングクラブ 76.0000 68.8605 144.8605
中板 清乃 2005
2 みえA.S.C 75.1000 69.0474 144.1474
島田 綾乃 2006
3 アクラブ藤沢 73.5000 69.6921 143.1921
内田 桜子 2005
4 アーティスティックスイミング広島 74.3333 66.9474 141.2807
比嘉 もえ 2007
5 井村アーティスティックスイミングクラブ 72.9333 67.6184 140.5517
金山万明里 2006
6 井村アーティスティックスイミングクラブ 73.3000 66.8658 140.1658
橋本 毬愛 2006
7 井村アーティスティックスイミングクラブ 74.1000 65.6368 139.7368
金山千明里 2005
8 長野アーティスティックスイミングクラブ 72.1667 65.7711 137.9378
和田 京羽 2005

▼1位/中板清乃(東京ASC)
1_nakaita2

▼2位/島田綾乃(みえA.S.C)
2_shimada

▼3位/内田桜子(アクラブ藤沢)
3_uchida


第23回 13‐15歳ソロ・デュエット大会 競技結果

記事検索
QRコード
QRコード
注意事項
マーメイド日記に掲載される個々の文章、写真その他に関する著作権は、公益財団法人日本水泳連盟に帰属します。無断転用は禁じます。