全国JO分散大会 岡山・高知大会

9月6日(日)、児島地区水泳場(児島マリンプール)おいて、中四国ブロック分散が開催されました。
コロナ禍対策としての「新しい競技会様式」として、健康チェックシート提出、検温、手指消毒、マスクの着用、ソーシャルディスタンスを保つ対策として、選手は間隔を取り指定場所で待機し、ルーティン水着にキャップを着用し、メイクなしでの競技実施となりました。

一昨日までの猛暑晴天と打って変わり、大型で猛烈な台風10号の発生で豪風雨になり、高知県から瀬戸大橋を渡って来る事が出来るだろうか?開催が出来るだろうか?からの急遽、開催となりました。
それでも、当日朝は晴れ間になり日焼け対策が必要な程の晴天!
さあ、頑張りましょう!!と開始されました。途中から段々と四国の空に真っ黒な雨雲が、見る見るうちに接近、海風に吹かれて、ジヤッジペーパーがプールに飛んでいくハプニングもありました。
その環境の中、選手達は一生懸命に全身全霊、自分の持てる力を信じ雨にも風にも負けない力で、最後まで頑張って泳ぎ切り、笑顔が輝いていました。
今回の分散大会は、選手達にとって大変貴重な経験となりました。
同屋外50mプールでは、競泳通信大会も開催されており、ASのJO分散大会が急遽開催になったにも関わらず、ASの選手が活躍できる場を急遽、設えご尽力して下さった県水連、皆様方に選手、コーチ始め競技役員一同、心より感謝申し上げます。
ありがとうございました!!

参加選手:<10~12歳>ソロ1名
    :<13~15歳>ソロ2名
    :<15~18歳>ソロ2名・デュエット1組


okayamakochi2

okayamakochi3

okayamakochi1

okayamakochi4


全国JO分散大会 静岡大会

9月6日 浜松市総合水泳場(TOBIO)
海に近い会場のため、台風の影響が心配されましたが、無事に競技会を開催することが出来ました。
もともと無観客での実施でしたが、メインプールでの競泳の大会がなくなったため、会場のTOBIOからも少人数で密になりにくいことから、選手のご家族限定で、観客を入れての開催となりました。
今年度、初めての競技会ということで、緊張気味の選手、大会に出られることを楽しみにしていた選手など、様々でした。練習確保の難しかった中、選手たちは今できる全力の力を発揮し、どの選手も活き活きと演技をしてくれました。

出場選手  
ソロ 10-12 2名 石原  珊瑚 (イール浜松)
中津川 真穂 (イール浜松)
13-15 4名 髙澤  希輝 (イール浜松)
畑中  愛梨 (イール浜松)
国本  柚香 (イール浜松)
大杉  真央 (中森A・C)

デュエット 10-12 1組 石原  珊瑚・中津川 真穂 (イール浜松)
13-15 1組 髙澤  希輝・畑中  愛梨 (イール浜松)
15-18 1組 松本  杏梨・和田  莉奈 (中森A・C)

計8名

shizuoka1

全国JO分散大会 山形大会

9月6日、山形大会が無事に終了しました。
新型コロナウイルスの影響で5月、6月と練習出来なく、7月に入ってようやく制約・規制の中練習が再開出来る様になりました。
土日祝日のみの練習となり、今現在でも平日の練習が出来なく、夏休みも10日間という期間で分散大会に向けて練習を詰めてきましたが、、土日祝日だけの練習ではブロックでの大会参加に向けてのモチベーションが保てず、選手ファーストで県大会を決心したところです。
今大会は3つのあの言葉の基、焦らない・慌てない・あきらめないで積み重ねた競技大会になったと思います。

日時:9月6日(日)
会場:山形県村山地区高等学校共用屋内プール
出場:山形アーティスティックスイミングクラブ・5名参加
10-12歳ソロ、13-15歳ソロ、13-15歳デュエット、15-18歳デュエットと4種目にエントリーし、標準得点突破は10-12ソロ13-15デュエット15-18デュエット3種目でした。

yamagata1

yamagata2

記事検索
QRコード
QRコード
注意事項
マーメイド日記に掲載される個々の文章、写真その他に関する著作権は、公益財団法人日本水泳連盟に帰属します。無断転用は禁じます。