フレンチオープン大会について

われわれがフレンチオープンと呼んでいる大会は、正式名を Open Make Up For Ever Synchronized Swimming Championships大会(通称 Open MAKE UP FOR EVER、別名 INTERNATIONAL FRENCH OPEN SYNCHRONISED SWIMMING)といい、今年で3回目です。
この大会は、ジャーマンオープン大会の翌週にセットされ、二大会を転戦できるように組まれています。
日本チームは2011年の第1回大会から3回連続して参加しています。第1回は日本で大震災が起こったさなかで、フランス水連には親身に心配をしていただき、今でも深く心に残っています。

ジャーマンオープンの試合形式はテクニカルとフリーを足して上位12位が決勝に進出、フリー決勝では100%の得点(テクニカルの結果を加算しない)で順位決定をします。他方、フレンチオープンは、テクニカルとフリーが独立しており、それぞれ100%で順位決定がなされます。
日本チームは、2011年と2012年はジャーマンオープンとフレンチオープンの二大会を転戦しましたが、今年(2013)はフレンチオープンのみにエントリーしました。

今大会の参加国は、アンドラ、アルゼンチン、オーストラリア、中国、チェコ、フランス、ドイツ、イタリア、日本、モナコ、ロシア、スペイン、スイス、スウェーデンの14ヶ国。ロシアはサンクトペテルスブルグのクラブが参加、中国は四川、南京、上海の3つのクラブが参戦しています。
多くの国は個人種目のみのエントリーで、チームまたはコンボを派遣して来たのはフランス、ロシア、上海、南京、チェコ、日本の6ヶ国です。

今日(3/13)、監督会議で出場順抽選が行われ、日本の出場順は以下のようになりました。
デュエットテクニカル 8番(14組出場)
デュエットフリー 13番(14組)
ソロテクニカル 6番(8組)
ソロフリー 11番(15組)
チームテクニカル 日本は不出場(4組)
チームフリー 1番(4組)
フリーコンビネーション 2番(4組)

明日から試合が始まり、初日はデュエットテクニカル、デュエットフリー、フリーコンビネーションが行われます。デュエットは新デュエットの乾友紀子&足立夢実組が出場します。


パリ市 MONTREUIL にある試合会場 Centre Nautique Maurice Thorez の外観
78-1

















パリの象徴 Eiffel Tower - シンクロのフィギュア「アイフェルタワー」はエッフェル塔から名付けられました。
78-2

公式練習開始

パリは朝から雪景色に覆われました。気温は氷点下です。パリでは年に2回ほどしか雪が降らないらしく、今朝は至る所で交通トラブルや渋滞が起きていました。

The 3rd Make Up For Ever Synchronized Swimming Open の会場公式練習が始まりました。アルゼンチン、フランス、ドイツ、オーストラリア、スウェーデン、スイス、中国の選手らは、先週末、ドイツ・ボンで開催されたジャーマンオープン大会から転戦しています。
この大会だけに参加するヨーロッパ圏の国々は、試合前日(明日3/13)の監督会議に間に合うようにパリに入ってきます。国内大会のような感覚で参加してくるヨーロッパの国々をみると、活発に交流を深められる地域性が背景にあることを感じます。

77-1
















田村先生からウォームアップトレーニングの説明を受ける選手たち。
77-2













フリーコンビネーション練習の一コマ。
77-3

縁の下の力持ち

遠征には毎回、JISSと水連からトレーナーや映像技術スタッフを派遣していただいています。
今大会には、JISSから田村尚之氏(トレーニング指導)、田中仁氏(映像技術)、前田准谷氏(日水連トレーナー)が帯同して下さいました。いつもエネルギッシュで活力に溢れ、チームを脇から頑強に支えて下さっています。
遠征には限られたスタッフの方しか帯同していただいていませんが、この方々のほかにも多くのスタッフが陰でチームを支えてくださっています。
このようなスタッフの方々の支えがあって、練習や試合に全力で取り組めていることを、改めて感謝しております。
本当にありがとうございます!

写真は左から、田中仁氏、田村尚之氏、前田准谷氏です。
76
記事検索
QRコード
QRコード
注意事項
マーメイド日記に掲載される個々の文章、写真その他に関する著作権は、公益財団法人日本水泳連盟に帰属します。無断転用は禁じます。