日本代表としてのインプレッション

昨日は、重田みゆき先生に3回目の指導を受けました。
「表情は上達したけれども、演技のテーマに沿った伝えたいメッセージはまだまだ伝えきれていない!指の先まで神経を尖らせ、緊張感のある演技を!」と、今日も厳しいコメントをいただきました。
89-1

















日本代表としての振る舞いや身のこなし、人を味方につけるインプレッションの大切さを学びました。「普通じゃないことが大事!」なんです。
89-2

















美しく振る舞う、そして美しく食べる! 補食タイムも細かく指導。
89-3

世界水泳第六次合宿

競泳は新潟県長岡で日本選手権の真っ最中。競泳選手の活躍のニュースを刺激に、マーメイドジャパンは第六次合宿に突入しました。3月のフレンチオープン遠征後、課題をつぶしながら、間近に迫った日本選手権に向けて追い込みをかけているところです。

今回の合宿では、リフト、インプレッション、ジャッジの先生方から指導を受けました。
リフトは、これまで教わってきたLu Yi氏の基礎トレーニングを自分たちで継続しつつ、次のステップに挑戦しています。
この日は、帝京大学准教授チア監督の岩野華奈氏にヒントをいただきつつ、新規開拓を試みました。
88-1

















いろいろと試しています。
88-2

The Little Mermaid

劇団四季「リトルマーメイド」の初演をチーム全員で鑑賞する機会を得ました。
胸に響く歌声、出演者らのカリスマ溢れる演技力、そして計算され尽くした見事な舞台芸術に圧倒され、心を揺さぶられました。
秒単位で演技の尺が決まっており、その絶妙なタイミングは厳しいトレーニングの賜物なのでしょう。
また、宙づり状態で身体を揺らしながら歌う技術は、かなりの体幹力が必要と見受けました。
様々な視点で見させていただくと、シンクロ競技に共通することが多く、たくさん学ばせていただきました。

感動を与える‘本物’の作品を目指して、われわれも頑張ります。
劇団四季の皆様、ありがとうございました。

87-1

















出演者の方々と。
87-2
記事検索
QRコード
QRコード
注意事項
マーメイド日記に掲載される個々の文章、写真その他に関する著作権は、公益財団法人日本水泳連盟に帰属します。無断転用は禁じます。