今日からシンクロが開幕します!

試合を翌日に控えて,昨日は試合用プールでわずかな時間ですが曲かけ練習が行われました.
プールサイドは緊張が高まり,すでに各国の戦いが始まっています.

連日,競泳のエキサイティングな戦いが繰り広げられた会場は,競泳の全セッション終了後,一夜でシンクロ用に様変わりしました.

日本競泳陣の勢いに乗って,シンクロ陣も最終日まで戦い抜きます.
競泳の皆さん,本当におめでとうございます!そしてお疲れさまでした.

今日は乾友紀子選手&小林千紗選手がラストの24番目に出場します.
日本の皆さん,応援をよろしくお願いします!

出場順抽選

本日(3日),チームリーダーズミーティングがあり,24ヶ国のチームスタッフが一堂に顔を合わせ,競技運営の説明および出場順の抽選が行われました.
日本の出場順は以下のように決まりました.
Day 1(8月5日) デュエットテクニカル 24番(24組出場)
Day 2(8月6日) デュエットフリー予選 16番(24組出場)
Day 4(8月9日) チームテクニカル 8番(8組出場)

全出場順は以下のサイトで見ることができます.
http://www.london2012.com/synchronized-swimming/event/duets/
http://www.london2012.com/synchronized-swimming/event/teams/

デュエットフリー決勝(7日)の出場順抽選はデュエットフリー予選終了後に,チームフリー(10日)の出場順抽選はチームテクニカル終了後に実施されます.

明後日(5日),デュエットテクニカルが始まります.
試合用プールを用いての曲かけ練習は,デュエットとチーム4曲合わせて,8月2日に10分,8月4日に18分のみです.
競泳がシンクロ試合前夜まで試合をしており,競泳の予選と決勝の合間の午後はダイビング(飛込)が試合をしているためです.
選手村のすぐ近くに練習用プール(50m)が用意され,ここには演技台が設置されており毎日30分~1時間程度の曲かけ時間があります.
すべての国が同じ条件で練習しており,試合までにいかに集中してピークパフォーマンスに持って行くかが鍵となります.

日本はデュエットもチームも挑戦者として思い切って攻めていきます.
応援をよろしくお願いします!

いよいよ戦地へ

本日(30日),ドイツ・リーザでの合宿日程を終えました.
素晴らしい練習環境で,思う存分質の高い練習ができ,ここでできることはやりきりました.
明日は戦地へ自信を持って乗り込みます.

25
記事検索
QRコード
QRコード
注意事項
マーメイド日記に掲載される個々の文章、写真その他に関する著作権は、公益財団法人日本水泳連盟に帰属します。無断転用は禁じます。