ジャンパー育成プロジェクト ロシア遠征だより6

6日目(3/17)の朝は氷点下17度、快晴。選手は皆元気一杯です。
今朝はいつもよりゆっくりスタートし、アクロバティックのジムトレーニング2時間30分、アクロバティック水中トレーニング2時間、そしてロシア選手と一緒にアクロバティック水中トレーニングを2時間行いました。後半はロシアチームvs日本チームでリフト競争を行い、本合宿の成果を存分に発揮しました。

180317jumper1
▼ジムでのアクロバティックトレーニング。
180317jumper2
▼ロシアチームと合同でアクロバティックトレーニング。
180317jumper4
▼ロシアチームvs日本チーム。どちらが高く飛べるか競争しました。手前が日本チームです。
180317jumper7

180317jumper6
▼いろいろなリフトにも挑戦しました。
180317jumper3

180317jumper5

ジャンパー育成プロジェクト ロシア遠征だより5

ジャンパー合宿、5日目のメニューはこちら。
  8:00〜10:30 アクロバティック ジムトレーニング
10:30〜12:15 アクロバティック 水中トレーニング
15:00〜16:30 フロアトレーニング(身体づくりと筋力のサーキットトレーニング)
16:30〜17:00 チューブトレーニング
17:00〜18:30 スイム&ルーティンセット
18:30〜19:40 ルーティン

リフトはいろいろな種類の上げ方を教わりました。基本から段階を追って丁寧に指導してくださり、なぜそのようにしなければならないのか、なぜ今失敗したのかなど、動作の根拠と理想像を的確に示唆してくださいます。コーチのコンスタンチン氏(呼称コスチャ)はアクロバットとサーカスを13年されてきた方でロシアシンクロ代表(13−15歳)を長く指導されてきた方です.

今日はこのクラブの最年長チーム(15〜18歳)からチームルーティンの一部をマンツーマンで教えてもらい、交互に発表するというコラボレーションを行いました。とてもわかりやすく教えてくれて、選手どうしは一気に距離が縮まり、楽しく有意義な時間となりました。

180316jumper1

180316jumper2

180316jumper3

180316jumper4

▼今日のスイムはロシア選手にロングTシャツとスパッツを借りて負荷トレーニングを経験しました。
180316jumper5

180316jumper8

180316jumper6

▼水中でのリフトトレーニングにはロシア選手が加わってくれました。パワーとスピードがあります。
180316jumper7

ジャンパー育成プロジェクト ロシア遠征 メンバー紹介

今回のジャンパー育成プロジェクトロシア遠征には、2017年度ジャンパー育成プロジェクト合宿に参加した強化対象選手の中から、さらに選抜された7名が参加しています。

ポジション 氏名 所属
ジャンパー  京極おきな  近畿大学附属高等学校1年/一般社団法人井村シンクロクラブ
ジャンパー 廣田樹 大阪女学院高等学校1年/一般社団法人井村シンクロクラブ
ジャンパー 鈴木深結 国士舘高等学校3年/アクラブ調布
ジャンパー 渡邉夢乃 清泉女学院高等学校2年/アクラブ藤沢
ジャンパー 江嵐みずほ 富山市立室中学校2年/富山スイミングクラブ
セカンド 熊谷日奈多 立命館高等学校1年/一般社団法人井村シンクロクラブ
セカンド 公門なつの 大阪薫英女学院高等学校3年/一般社団法人井村シンクロクラブ

180312jumper1

記事検索
QRコード
QRコード
注意事項
マーメイド日記に掲載される個々の文章、写真その他に関する著作権は、公益財団法人日本水泳連盟に帰属します。無断転用は禁じます。