世界選手権代表強化合宿8

ジャーマンオープン・フレンチオープン大会遠征後、1回目の合宿が始まりました。

170330training01

▼早速4月末のジャパンオープンに向けてルーティンの練習が始まっています。
170330training02

170330training03

ジャパンオープンの詳細はこちらから

 

タチアナ・ダンチェンコ氏によるコーチ&ジャッジセミナー Day2

タチアナ・ダンチェンコ氏によるコーチ&ジャッジセミナー2日目は国立スポーツ科学センター(JISS)にて行われました。
1コマ目はルーティンづくりに関しての講義で、選曲から構成、振付、そして衣装の製作をどのように行っているかなどを聞くことが出来ました。
続けて行われたコーチング論の講義では、ダンチェンコ氏のコーチとしての心得やポリシーを話してくれました。またロシアのタレント発掘や代表選考会の内容、代表選手のスケジュールなど話題は尽きず、あっという間に時間が過ぎていきました。
そして午後のプールセッションで2日間のセミナーが終了しました。

今回はるばるロシアからいらしてくださったタチアナ・ダンチェンコさん、カリーナ選手、素敵な講義をありがとうございました。
また参加してくださったコーチ、ジャッジ、シンクロ関係者の皆さま、お疲れ様でした。
最後に今回通訳とアテンドとしてご協力くださった山本スベトラーナさん、優里愛さん親子には感謝いたします。とても分かりやすく受講することができました。この場を借りてお礼申し上げます。


▼セミナー受講者全員での記念撮影。皆さん充実した時間を過ごせたようです。
170317clinic_group

▼ロンドンオリンピック・金メダルデュエットのルーティンの製作時の様子を話してくれました。
170317clinic_vtr

170317clinic_lecture

▼フィギュアやTRエレメンツのコーチングポイントを教えてくれました。
170317clinic_pool


▼終了後にはプレゼント交換
170317clinic_last

▼通訳・アテンドを務めてくれた山本スベトラーナさん(右)、山本優里愛さん(左)
170317clinic_yuria
 

タチアナ・ダンチェンコ氏によるコーチ&ジャッジセミナー

3月16日、17日の二日間に渡り、世界チャンピオンのロシアデュエット担当コーチであるタチアナ・ダンチェンコ氏を講師に招いたコーチ&ジャッジセミナーが開催されております。
初日の今日はナショナルトレーニングセンター(NTC)研修室にてトレーニング&コンディショニングについての講義から始まりました。講義は受講者からの質問にダンチェンコ氏が答えるという質疑応答形式で行われ、ロシアのトレーニングメニュー、コンディショニング法など多くの質問に丁寧に答えてくださり、興味深いお話を聞くことができました。
続いて行われたNTC体操場を使っての陸上トレーニングでは、筋力・柔軟性強化のトレーニングを同行したロシアジュニアのカリーナ選手が実際に見せてくれました。
午後からはJISSのシンクロプールにてスイムメニューや水中トレーニングメニューの紹介。こちらもカリーナ選手の実演でとても分かりやすく、体の使い方などを理解することができました。
最後には乾友紀子選手のソロテクニカルルーティンと乾選手・中牧佳南選手のデュエットフリールーティンのブラッシュアップが行われ、1日目が終了しました。


▼タチアナ・ダンチェンコ氏(写真中央)
170316clinic2

▼遠征から帰国したばかりのナショナルチームメンバーを含め80名程の受講者が参加した。
170316clinic1

▼ロシアのジュニア、カリーナ選手がデモ選手として来日。優れた柔軟性を見せてくれた。
170316clinic_gym2

▼ロシアのナショナル選考会で必ず行われるという三点倒立でのスプリット旋回。高い柔軟性が求められる。
170316clinic_gym1

▼プールセッションではスイムメニュー、ベーシックトレーニングなどが紹介された。
170316clinic_pool1

▼乾選手のソロテクニカルルーティンのブラッシュアップ。
170316clinic_pool2


 
記事検索
QRコード
QRコード
注意事項
マーメイド日記に掲載される個々の文章、写真その他に関する著作権は、公益財団法人日本水泳連盟に帰属します。無断転用は禁じます。