9月17日(祝)東京辰巳国際水泳場にて、第4回学生シンクロ競技大会マーメイドカップが開催されました。
学生のための、学生による大会として2009年(平成21年)にスタートしたこの競技会も第4回目を迎え、今年度より公益財団法人日本水泳連盟学生委員会主催の大会となりました。
今大会には、14大学、のべ49名(ソロ15、デュエット8、チーム3)という過去最高の参加選手が出場。マーメイドジャパンより乾友紀子(立命館大4年、ソロ、チーム)、箱山愛香(日本体育大3年、ソロ、チーム)、三井梨紗子(日本大学1年、デュエット)、糸山真与(日本体育大3年、ソロ、チーム)、吉田胡桃(追手門学院大3年、ソロ)の5名が参戦。次代のマーメイド達との華やかな競演に会場は大いに盛り上がりました。
クラブではなく大学名を背負っての参加、クラブの垣根を越えて組んだデュエット、チーム。それぞれがいつもの競技会とはまた違う一面を見せてくれたこの大会、改めてシンクロの楽しさが感じられた一日でした。応援ありがとうございました。これからも応援よろしくお願いいたします。

写真は競技終了後の集合写真です。

競技結果は公益財団法人日本水泳連盟HPをご覧ください。
31-1
31-2