2012年11月

ワールドトロフィ競技日程

いよいよ明日(11/30)から競技が始まります.今日(11/29)はプレスカンファレンス,監督会議,ジャッジ会議が開かれました.
出場国は,ブラジル,カナダ,中国,イギリス,日本,メキシコ,オランダ,ロシア,ウクライナ,アメリカの10ヶ国.
最初のセッション,ハイライト ルーティンの出場順抽選が行なわれ,日本は5番目に出場します.2つ目のセッションからは,セッションが終了するごとに,競技結果をもとに2グループに分けて前半と後半で抽選します.


競技日程(現地時間)は以下のとおりです.

第一日目 11月30日
11:00 - 12:30 シンクロ ハイライト ルーティン
17:30 - 19:00 シーマティック デュエット
シーマティック デュエットには,日本から中村麻衣・三井梨紗子組が出場します.

第二日目 12月1日
17:50 - 18:15 ソロ エキシビション
18:30 - 19:30 シーマティック チーム
正式競技種目ではありませんが,ソロ エキシビションが行われます.日本からは足立夢実選手が出場します.

第三日目 12月2日
17:00 - 18:00 フリー コンビネーション


写真は監督会議の様子.
51-1

会議場隣のメキシコオリンピック委員会展示室で見つけた1964年東京オリンピック記念腕時計.
51-2

ワールドトロフィ大会とは

FINAシンクロワールドトロフィ大会はシンクロの魅力を世界各国に届け,さらなる普及振興をめざすことを目的に,新しいスタイルの競技会として始められました.2006年にモスクワで第1回が開催され,今年で第7回目になります.
大会には基本的にその年の世界トップ12ヶ国が招待されます.招待国はエントリー費10,000USDを納め,これが賞金に充てられ,順位によって賞金が配分される仕組みになっています.

現在,4競技種目からなり,すべての種目に出場することが義務づけられています.
今大会の競技種目は次の4つです.
・シーマティックデュエット(開催国メキシコの文化を反映した音楽と振付)
・シーマティックチーム(参加国の文化を反映した音楽と振付)
・シンクロハイライトルーティン(アクロバティック&カデンス)
・フリーコンビネーション

フリーコンビネーション以外の種目はアクセサリーや道具等の使用が解禁で,メイクアップも自由です.また陸上動作時間の制限もありません.

審判は,出場国以外のニュートラルジャッジ(FINA公認A級ジャッジ)と,開催国のセレブリティジャッジ(芸術スポーツや芸術文化人からセレクトされた開催国の有名人)の2パネル編成で,アーティスティックインプレッションのみを採点し,芸術性を競います.
最終順位は4種目(400点満点)の合計得点で決定されます.


過去の開催地と日本チームの成績は以下のとおりです.
2006年 第1回 モスクワ  第3位
2007年 第2回 リオデジャネイロ  第4位
2008年 第3回 マドリッド  第4位
2009年 第4回 モントリオール  第5位
2010年 第5回 モスクワ  第5位
2011年 第6回 北京  第7位
2012年 第7回 メキシコシティ


笑顔が素敵で個性豊かなワールドトロフィ日本代表チームの12名です. エネルギー全開で泳ぎます!
50

練習2日目

今日(11月26日)は50mプールで約1時間のアップをしたあと,試合用のダイビングプールに移動し,曲かけ練習を行いました.まだカナダと日本しか到着していないので,今日も3時間弱の曲かけ練習ができました.
明日からは公式練習が始まるので曲かけは各国45分ずつになります.

エントリーはブラジル,カナダ,中国,イギリス,日本,メキシコ,オランダ,ロシア,ウクライナ,アメリカの10ヶ国.
各国,どのような顔ぶれが揃うのか,楽しみです.


COMITE OLIMPICO MEXICANOの50mプールでアップ
49-1

最初の種目であるシンクロハイライトルーティンの練習
49-2

ウェイブの場面
49-3

COMITE OLIMPICO MEXICANO

公式練習日よりも2日間早くメキシコシティ入りした日本チームは,本日(11/25),組織委員会の計らいで,会場設営の真っただ中,試合プールのCOMITE OLIMPICO MEXICANOで泳がせてもらいました.
競技は32×25×水深3.0-5.0mのダイビングプールで行われます.
隣には50mプールがあります.どちらも観客席は片面でそれほど広くはありません.
ここはメキシコのいわゆるハイパフォーマンスセンターの一つでアスリート専用のトレーニング施設です.プールの他,体育館,グラウンド,サッカー場等の施設が揃っています.

高地のため,多少息苦しさはあった?ようですが,JISSでの低酸素トレーニングと低酸素宿泊室での準備のおかげで,皆元気に泳ぎました.


写真は競技会場のCOMITE OLIMPICO MEXICANOのプールです.
48-1

練習を始めます.
48-2

メキシコシティ空港到着

成田空港からヒューストン経由で,メキシコシティ空港に24日夜,到着しました.
今回は,事前練習用の音響2セットに加え,数多くの大会用小物類を持参しており,いつも以上の大荷物です.
ホテルはメキシコシティ郊外のTLALNEPANTLAにあり,チェックインしたのは真夜中近くになりました.
JISSを出てからホテル着まで約25時間の長旅と,マイナス15時間の時差の疲れも見せず,選手・スタッフともに全員元気です.
明日は午後から練習です! Hasta manana(アスタ マニャーナ またあした)!
47
記事検索
QRコード
QRコード
注意事項
マーメイド日記に掲載される個々の文章、写真その他に関する著作権は、公益財団法人日本水泳連盟に帰属します。無断転用は禁じます。