2013年08月

チャレンジカップ_チーム決勝

チーム最終結果
1 井村シンクロクラブ(A) R85.613  F71.360  合計156.973
2 アクラブ調布(A) R84.038  F69.617  合計153.655
3 東京シンクロクラブ(A) R84.463  F68.503 合計152.966

チーム優勝は、高い技術力を見せた井村シンクロAチーム。第2位は僅差で勝ち取ったアクラブ調布A。第3位には東京シンクロAが続きました。どのチームも最高のパフォーマンスを見せました。

選手、コーチの皆さん、競技役員、審判員の方々、本当にお疲れさまでした。
そして、神奈川県水泳連盟、横浜国際プール、協賛各社、関係者の方々、多大なご支援、ご協力をまことにありがとうございました。

今夏のシンクロの国内競技会はあと3つです。多くの方に会場まで足を運んでいただき、選手へ声援を送ってくださいますようお願いいたします。

第36回全国JOCジュニアオリンピックカップ夏季水泳競技大会 シンクロ競技
8月27-30日、日本ガイシアリーナ(愛知) 

第68回国民体育大会水泳競技大会シンクロ競技
9月11日、東京辰巳国際水泳場(東京)
 
第5回 学生シンクロ競技大会 マーメイドカップ
  9月23日、横浜国際プール(神奈川)

優勝の井村シンクロA
チーム決勝井村2

第2位のアクラブ調布A。
チーム決勝アクラブ

第3位の東京シンクロA。
チーム決勝東京シ

チーム表彰。おめでとう!!
チーム表彰






 

チャレンジカップ_デュエット決勝

デュエット最終結果 
1 アクラブ調布_北浜美波・小俣夏乃  R82.950 F73.019 合計155.969
2 東京シンクロクラブ_宮崎夏実・木村叶  R83.400 F70.408 合計153.808
3 井村シンクロクラブ_田崎明日花・細川莉瑚  R81.838 F69.963 合計151.801
 
優勝は今年度ジュニア日本代表選手の北浜美波・小俣夏乃組。スピーディでコミカルな動きをエネルギッシュに最後まで泳ぎ切りました。フィギュアで他を引き離し初優勝を飾りました。おめでとう!
デュエット決勝小俣北浜

デュエット決勝小俣北浜2


第2位の宮崎夏実・木村叶組。難度の高い構成で、スパニッシュを大人っぽく演じ、ルーティンでは最高得点を上げました。
デュエット決勝宮崎木村

チャレンジカップ_ソロ決勝

最終日の8月4日、フリールーティン予選(100点)とフィギュア(100点)の合計得点上位12組が決勝に進出し、ソロ、デュエット、チームの各決勝が行われました。
最終結果は、フリールーティン決勝(100点)とフィギュア(100点)の合計得点で最終順位が決まります。
 
ソロ最終結果
1 丸茂 圭衣(井村シンクロクラブ) R 85.288 F 76.226  合計 161.514
2 加島 知葉(井村シンクロクラブ) R 83.913 F 74.997  合計 158.910
3 小俣 夏乃(アクラブ調布) R 83.075 F 74.599  合計 157.674

優勝は、ユニバーシアード代表の丸茂圭衣選手。
第2位、第3位には今年度ジュニア日本代表の加島知葉選手、小俣夏乃選手が続きました。

(写真)個性的なソロを演じ、会場を魅了した丸茂選手。正確な技術と曲想を見事にとらえた表現力は他を寄せつけず、貫禄の初優勝を飾りました。丸茂選手、おめでとう!
ソロ決勝丸も



 

チャレンジカップ第三日目

第三日目は、フィギュア競技が行われました。フィギュアはシンクロの基本姿勢と基本動作を組み合わせた一連の動作を規定にそって実施し、デザインとコントロールの正確さを競う競技です。1種目5−10秒程度の短い瞬発的な種目もありますが、多くは1分前後、長いものでは1分30秒程度かけて行われます。

フィギュアは規定種目2種類と選択種目2種類の計4種目を行います。
今大会では以下の4種目が抽選で選択されました。

キップスプリットクロージング180° 難易率2.5
アイビスコンティニアススピン 難易率2.8
ポーパス1回ツイスト 難易率2.5
ナイト 難易率3.1

4つの種目を4つのパネルで1つずつ行います。それぞれのパネルは5名の審判員が採点し、最高点と最低点をカットした3名の採点を平均し、難易率をかけたものがそのフィギュアの得点になります。4つのフィギュア得点を足したものを100点満点に換算し、その選手のフィギュア得点とします。デュエットとチームは泳いだ選手の平均をフィギュア得点とします。

フィギュア競技は非公開で行われます。
選手にとっては、フィギュア結果が予選にも決勝にも用いられ、フィギュア得点によって順位が大きく変動するので、非常に重要な競技です。選手は全員、黒水着と白キャップの着用が義務づけられています。
シニアにはフィギュア競技の代用として1995年からテクニカルルーティンが導入され、テクニカルルーティンとフリールーティンの合計で競われます。
ジュニアはフィギュアととフリールーティンの合計で競われます。
日本シンクロチャレンジカップはジュニアの競技方法を運用しています。

フィギュア競技には252名が出場し、午前10時30分に開始、午後5時に終了しました。 
選手・コーチの皆さん、役員の皆さん、大変お疲れさまでした。
第一日目と第二日目に実施されたフリールーティン予選の結果と今日のフィギュアの結果を合計し、各種目の上位12位までが明日の決勝に進出できます。 

フィギュア競技結果(上位10位)
1 丸茂 圭衣 (井村シンクロクラブ) 76.226
2 加島 知葉 (井村シンクロクラブ) 74.997
3 小俣 夏乃 (アクラブ調布) 74.599
4 芳賀 千里(アクラブ調布) 73.514
5 宮崎 夏実(東京シンクロクラブ) 73.398
6 市川 有紗 (井村シンクロクラブ) 72.970
7 田崎 明日花(井村シンクロクラブ) 72.893
8 北浜 美波 (アクラブ調布 ) 71.439
9 山田 佳穂 (ザ・クラブピア88) 70.996
10 田中 祐( 井村シンクロクラブ) 70.688

 フィギュア競技の様子(ダイビングプール)
フィギュア競技

フィギュア競技中の練習風景(50mプール)
フィギュア練習

 

チャレンジカップ第二日目

第二日目は、デュエットフリー予選とチームフリー予選が行われました。

デュエットフリールーティン結果
1 宮崎夏実・木村叶(東京シンクロ) 83.216
2 田崎明日花・細川莉瑚(井村シンクロ) 82.063
3 北浜美波・小俣夏乃(アクラブ調布) 81.875

チームフリールーティン結果
1 井村シンクロA 84.938
2 東京シンクロA 84.213
3 アクラブ調布A 83.801

 井村シンクロA
チーム予選井村

東京シンクロA
チーム予選東京

アクラブ調布A
チーム予選アクラブ

明日、第三日目はフィギュア競技が行われます。

 
記事検索
QRコード
QRコード
注意事項
マーメイド日記に掲載される個々の文章、写真その他に関する著作権は、公益財団法人日本水泳連盟に帰属します。無断転用は禁じます。