2013年10月

ユースエリート強化合宿

全国8ブロックより選ばれたユース有望選手強化合宿(9/19-23)において、合宿最終日、ユースエリートおよびジャンパーのセレクションが行われ、以下の11名が2013年度ユースエリート強化選手として選考されました。セレクションは、ルーティン力、バレーレッグ・スプリット・倒立・立ち泳ぎの基本スキル、身体バランス(クレーン姿勢・垂直姿勢・陸上立位姿勢)、マット運動の審査を経て、将来日本代表選手として活躍できる可能性を有する選手が選考されました。
10月から12月まで3回の強化合宿にて、特別講師らによる特別教育を受け、指導者とともに資質・能力を磨いていきます。

《2013年度ユースエリート強化選手》
阿久津 咲子 成立学園高校1年/東京シンクロクラブ
吉野 倫加 武南高校1年/アテナアクアメイツ
柳沢 明希 栄東中学校3年/アテナアクアメイツ
安永 真白 吹田市立片山中学校2年/一般社団法人井村シンクロクラブ
深井 薫 名古屋市立円上中学校2年/ザ・クラブピア88
朝日 伶奈 大妻中野中学校3年/アクラブ調布
公門 なつの 吹田市立佐井寺中学校2年/一般社団法人井村シンクロクラブ
鈴木 深結 国士舘中学校2年/アクラブ調布
長又 実優 都立三鷹中等教育学校3年/アクラブ調布
三橋 由莉子 京都市立下鴨中学校2年/京都踏水会水泳学園
吉田 理恵 東海大付属浦安中等部1年/東京シンクロクラブ 

ユースエリート強化合宿日程
(1)10月10日ー14日  国立スポーツ科学センター
(2)11月20日ー24日 国立スポーツ科学センター
(3)12月25日ー28日  国立スポーツ科学センター

写真は第1次合宿にて。
ユースエリート集合1列

ユースエリート集合


 

2014ワールドカップ・アジア大会日本代表選手第1次選考会

10月5日(土)、JISSシンクロプールにて、2014年ワールドカップ・アジア大会シンクロ日本代表選手第1次選考会が実施されました。
本選考会の結果によってソロとデュエットの代表選手を決定、上位15位までの選手を対象に
10月下旬から強化合宿を開始します。ソロ、デュエット代表選手を除く選手は、2014年2月11日の最終選考会に出場し、個人種目を含んだ全11名の代表選手を決定します。
第1次選考会の課題内容は、新しいチームエレメンツとハイブリッドフィギュアで構成された「ルーティンセット」と、2013世界水泳デュエットフリー優勝のロシアのヘビメタ・ルーティンを一部改変した「課題フリールーティン」の2種類でした。課題フリールーティンは、個人泳ぎと3名によるグループ泳ぎで行われました。採点は国際審判員(FINAジャッジ)が行い、ルーティンセットは完遂度と同時性(カウント)、フリールーティンは完遂度・同時性(音楽)・プレゼンテーションを総合評価しました。

写真はルーティンセットの様子
選考会RS

課題フリー・ルーティン、3名でのグループ泳ぎの様子
ルーティン








記事検索
QRコード
QRコード
注意事項
マーメイド日記に掲載される個々の文章、写真その他に関する著作権は、公益財団法人日本水泳連盟に帰属します。無断転用は禁じます。