2016年04月

ジャパンオープン_DT

デュエット・テクニカルルーティン

▼幾何学的で個性的な振りと,正確な脚技の演技で,国内1位の大澤友里子・河野みなみ(アクラブ調布)。
大澤河野DT
▼魔法をかける役と魔法をかけられた役をストーリー性豊かに演じた乾友紀子・三井梨紗子の日本デュエット(国際1位)。見事に同調した複雑な脚技と,最初のリフトの高さは圧巻!
乾三井DT
▼丁寧なエレメンツと伸びやかでスケール感の大きさが印象に残ったカナダデュエットは国際2位。
カナダDT

 

ジャパンオープン_TT

チーム・テクニカルルーティン

▼スピーディな展開とシャープな動きでキレのいいテクニカルを泳いだ,国内1位の井村シンクロクラブAチーム。
井村A TT
▼“弥栄日本”で技術力を見せつけた国際1位の日本代表。
日本TT

ジャパンオープン_ST

第1日目,ソロ,デュエット,チーム・テクニカルルーティン,およびソロ・フリールーティンが行われました。
競技結果はSEIKOリザルト速報サービスで確認できます。
http://swim.seiko.co.jp/synchro/2016/01/jp/index.html 

▼バネ,高さ,柔軟性を武器にダイナミックなソロを泳ぎ,国内1位に立った田崎明日花(井村シンクロ)。
田崎ST
田崎ST2
▼“魂を探す”をテーマに,感情豊かな演技で観客を魅了。日本のトップとして演技の深みが増した乾友紀子(JAPAN)が国際1位。
乾ST
乾ST2
 

ジャパンオープン開幕直前

明日からスタートするジャパンオープン,会場は緊張と熱気に包まれています。
今大会では,熊本地震で被災された方々への義援金募金活動を行います。また,プログラムの売り上げは義援金として使わせていただきます。会場の皆様方のご協力をよろしくお願いいたします。

▼自ら募金活動を行いたいと申し出てくれた代表選手ら。会場では代表選手の メッセージ映像も流れます。
募金活動メッセージ
▼公式練習の様子。
デュエット練習
チーム練習

シンクロバッジテスト東京会場

今年度,日水連主催の第1回シンクロバッジテスト東京会場(4月23日)が行われ,幅広い層の受検者がステージ1〜9にチャンレンジしました。
シンクロバッジテストは,正しい基本技術の習得を段階的にチェックし選手育成〜強化につなげようという目的で,シンクロの技術検定試験として2005年より導入されました。
現在は,バッジテストステージ9取得が日本選手権(ソロ,デュエット,チーム)への出場資格要件となっています。
開始式
ステージ1−3
ステージ4−8
バックキック
スプリット
 
記事検索
QRコード
QRコード
注意事項
マーメイド日記に掲載される個々の文章、写真その他に関する著作権は、公益財団法人日本水泳連盟に帰属します。無断転用は禁じます。