2017年01月

感謝の夕べ_Japan Aquatics Awards 2016

都内ホテルにて,公益財団法人日本水泳連盟「平成28年度『感謝の夕べ』Japan Aquatics Awards 2016」が開催されました。日頃、日本水泳界を支えてくださっている関係者およびスポンサーの方々と交流させていただき,ブダペスト世界選手権そしてTOKYO2020へ向けて気持ちを新たにする機会となりました。

2016に活躍した選手とコーチが表彰されました。
シンクロマーメイドジャパン,Rio代表の9名は平成28年度日本水泳連盟優秀選手賞を受賞しました。最優秀選手賞に輝いたのは萩野選手と金藤選手でした。井村雅代コーチはヤクルト本社様より特別表彰を受けました。

yuushuusennshushou
shuugoushashinn
KOSEsanto
shuugoushashinn2


世界選手権ミックスデュエット代表合宿

世界選手権ミックスデュエット代表も着々と練習が進んでいます。前回のカザン世界水泳選手権からテクニカルもフリーも新しいプログラムに一新し,年明けからはダンサーの平山素子先生の指導協力のもと,テクニカルルーティンの振付をスタートしました。妖艶なフリールーティンとはカラーの異なる雰囲気に仕上がりつつあります。楽しみです!

 平山先生とTech
Free
花牟礼さんと

ナショナルトライアル 2017

昨日の13‐15歳ソロ・デュエット大会に続き、ナショナルトライアル2017が辰巳国際水泳場にて開催されました。
本年度は予選会において標準得点を突破した選手(ソロ26名、デュエット90名、チーム129名)エントリーしました。
本競技会はテクニカルルーティンの規定要素(エレメンツ)を個別にフィギュア競技のように行います。
ソロ規定要素、デュエット規定要素、チーム規定要素、それぞれ5つある規定要素から抽選で選ばれた4つの規定要素を行い、合計得点をフィギュア競技のように100点換算し、順位を決定します。
ソロ、デュエット、チーム全ての種目に出場した選手の合計得点が最も高い選手に「Queen of Elements」賞が授与されます。
Queen of Elements 2017は昨年に引き続き、アクラブ調布の北浜美波選手が輝いた。北浜選手は2連覇を達成しました。

競技結果

Queen of Elements 2017
北浜美波 1995 アクラブ調布

ソロ規定要素(26)
1 北浜 美波 1995 アクラブ調布 77.1556
2 安永 真白 1999 井村シンクロクラブ 75.6297
3 吉田 萠 1995 ザ・クラブピア・88 75.2667
4 須藤 美紅 1999 長野シンクロクラブ 73.3111
5 堂後 志礼南 1999 アクラブ藤沢 72.7814
6 大屋 希良々 1999 井村シンクロクラブ 71.7740
7 佐藤 綾香 1997 アクラブ調布 71.5408
8 北村 優衣 1999 アクラブ調布 71.1297

デュエット規定要素(90)
1 北浜 美波 1995 アクラブ調布 76.5798
2 安永 真白 1999 井村シンクロクラブ 74.9420
3 吉田 萠 1995 ザ・クラブピア・88 73.3949
4 大屋 希良々 1999 井村シンクロクラブ 72.7174
5 北村 優衣 1999 アクラブ調布 72.2464
6 堂後 志礼南 1999 アクラブ藤沢 71.8334
7 佐藤 綾香 1997 アクラブ調布 71.6413
8 澤田 眞夏 1996 東京シンクロクラブ 71.1304

チーム規定要素(129)
1 田崎 明日花 1997 井村シンクロクラブ 81.9583
2 北浜 美波 1995 アクラブ調布 77.5985
3 福村 寿華 1996 井村シンクロクラブ 76.1061
4 安永 真白 1999 井村シンクロクラブ 75.3106
5 吉田 萠 1995 ザ・クラブピア・88 75.0643
6 山嵜 舞子 1997 井村シンクロクラブ 74.3789
7 林 愛子 1993 井村シンクロクラブ 73.5302
8 大屋 希良々 1999 井村シンクロクラブ 73.4659

競技結果はこちら

▼ソロ表彰
solo_top3

▼デュエット表彰
duet_top3

▼チーム表彰
team_top3

▼Queen of Elementsに輝いた北浜美波選手
queen

▼競技の様子
2017nt1
2017nt3
2017nt2


大会結果はこちら


 

第20回 13-15歳ソロ・デュエット大会

第20回13‐15歳ソロ・デュエット大会が開催されました。
全国より16クラブ55名の選手で、ソロ22名、デュエット22組のエントリーがありました。
今年で20回を迎える今大会はジュニアユース世代の13歳から15歳までを対象に行われている競技会で、今年は2002年から2004年生まれの選手が該当年齢になっています。

ソロ優勝は鈴木ひかり選手(アクラブ調布)、デュエットは宮内花菜・清水瑠那組(アテナアクアメイツ)が優勝し、松澤賞を授賞しました。

競技結果
ソロ競技 Free.R Figure Score
1位 アクラブ調布 鈴木ひかり 2002 75.3667 67.8333 143.2000
2位 アテナアクアメイツ 宮内花菜 2002 72.8333 68.1111 140.9444
3位 長野ンシンクロクラブ 和田彩未 2003 72.9333 66.6611 139.5944
4位 広島シンクロクラブ 青山優奈 2002 72.0333 67.4944 139.5277
5位 井村シンクロクラブ 上田麗奈 2003 72.2667 65.8111 138.0778
6位 アテナアクアメイツ 清水瑠那 2002 72.1667 65.5333 137.7000
7位 京都踏水会 川瀬由華 2002 72.7667 64.9111 137.6778
8位 みえシンクロ 野呂さくら 2002 71.6333 65.9611 137.5944

デュエット競技 Free.R Figure Score
1位 アテナアクアメイツ 宮内花菜 2002 73.7000 66.8222 140.5222
清水瑠那 2002
2位 井村シンクロクラブ 上田麗奈 2003 73.0667 64.6806 137.7473
小笠原美憂 2003
3位 広島シンクロクラブ 青山優奈 2002 71.3667 65.8417 137.2084
横田奈々 2004
4位 アテナアクアメイツ 加藤真帆 2002 71.7333 65.0056 136.7389
飯田和菜 2002
5位 京都踏水会 川瀬由華 2002 71.5000 65.1278 136.6278
山田琴音 2003
6位 井村シンクロクラブ 金山明香里 2003 72.7000 63.3528 136.0528
廣田憩 2003
7位 東京シンクロクラブ 山田純葉 2003 72.3000 63.7306 136.0306
佐藤純 2003
8位 長野シンクロクラブ 小林唄 2002 70.9333 64.1056 135.0389
早川結子 2002

競技結果はこちら

▼デュエット優勝者に送られる松澤賞を授賞した宮内・清水組(アテナアクアメイツ)
matsuzawa

▼ソロ表彰
solo_top3
 
▼デュエット表彰
duet_top3

 ▼ソロ優勝・鈴木ひかり選手(アクラブ調布)
solo1

▼ソロ2位・宮内花菜選手(アテナアクアメイツ)
solo2

▼ソロ3位・和田彩未選手(長野シンクロクラブ)
solo3

 ▼デュエット優勝・宮内花菜選手(右)・清水瑠那選手(アテナアクアメイツ)
duet1

▼デュエット2位・上田麗奈選手(左)・小笠原美優選手(井村シンクロクラブ)
duet2

▼デュエット3位・青山優奈選手(右)・横田菜々選手(広島シンクロクラブ)
duet3

▼フィギュア競技:フィギュア得点とフリールーティン得点の合計が最終得点となります。
figure2


 

世界選手権代表強化合宿5

シンクロ代表チームの管理栄養士である花谷遊雲子先生から栄養指導をしていただきました。
nutrition

本合宿最後の水中トレーニングです。 
suichuu
suichuu2
 
記事検索
QRコード
QRコード
注意事項
マーメイド日記に掲載される個々の文章、写真その他に関する著作権は、公益財団法人日本水泳連盟に帰属します。無断転用は禁じます。