2019年05月

日本マスターズ水泳選手権大会 AS競技 プレ大会開催のお知らせ

日本マスターズ水泳選手権大会(ジャパンマスターズ)プレ大会 アーティスティックスイミング(AS)競技が7月6日(土)、横浜国際プールにて行われます。
2021年に日本で開催予定の世界マスターズ大会に向けたプレ大会として行われる今大会は、デュエット、チーム、フリーコンビネーションで構成されています。(デュエットとチームはテクニカルルーティンとフリールーティンの合計で競われます)
詳しくは下記の日本マスターズ協会HPをご覧ください。

なお、エントリー締切は6月7日(金)となっています。
ご興味のある方はお急ぎください。

日本マスターズ水泳選手権大会 AS競技

2019年度男子AS選手合同強化練習会が開催されました

5/10〜5/12 男子合同練習会が行われました。
日本中から中学生から社会人までの男子選手が集まり、ベーシックトレーニング、全員のソロのチェック、そしてチーム作りと盛りだくさんの内容を積極的にこなしました。
特に全員で泳いだチームは皆とても真剣に取り組み、自主的にランドリルや練習を重ね、どんどん上達しました。最後には一緒に合宿していたナショナルBチームの選手たちから応援してもらって発表会をしました。
4回目となる合同練習会でしたが、とてもレベルアップしていて、男子シンクロの盛り上がりを感じました。
皆さん、これからも男子選手の応援、よろしくお願いします!

▼全国から12名の男子選手が参加しました。
1905men1

▼ナショナルBチームの選手たちと共に
1905men2

▼練習風景
1905men4

1905men5

1905men6


1905men3

FINA AS ワールドシリーズ 第5戦 チャイナオープン2019

FINA AS ワールドシリーズ 第5戦 チャイナオープン2019が5月4日~6日に北京で行われました。
日本からはミックスデュエット日本代表が参加しました。
このチャイナオープンには先週のジャパンオープンから転戦してきた国も多く、ロシア、イタリアのミックスデュエットも2週続けてのエントリーとなりました。
また今大会のミックスデュエットには中国代表選手以外に中国クラブチームから2組の参加があり、オーストラリアも初参加してきました。フリーは7組のエントリーがあり、仲間が増えていくことを皆で喜びました。
テクニカルは2位、フリーは3位という結果でしたが、転戦したことで多くの課題も見つけることが出来ました。

ミックスデュエット・テクニカル
1 RUS 27.4000 27.4000 35.5718 90.3718
MALTSEV Aleksandr
GURBANBERDIEVA Mayya
2 JPN 26.0000 26.1000 34.5333 86.6333
ABE Atsushi
ADACHI Yumi
3 CHN 25.7000 25.7000 32.2862 83.6862
SHI Haoyu
ZHANG Yayi

ミックスデュエット・フリー
1 RUS 27.7000 37.4667 27.8000 92.9667
GURBANBERDIEVA Mayya
MALTSEV Aleksandr
2 ITA 27.0000 36.5333 26.8000 90.3333
MINISINI Giorgio
FLAMINI Manila
3 JPN 26.2000 35.6000 26.2000 88.0000
ADACHI Yumi
ABE Atsushi

1905china4

▼ミックスデュエット・テクニカル表彰式
1905china2

▼ミックスデュエット・フリー表彰
1905china3

1905china1


◆競技結果
http://www.fina.org/event/fina-artistic-swimming-world-series-2019-5


FINA AS ワールドシリーズ 第4戦 ジャパンオープン 2019 GALA

FINA AS ワールドシリーズ 第4戦 ジャパンオープン2019 最終日にはGALAショーが行われました。
日本開催としては初めてのGALAショーは10か国13演目のエントリーがありました。
ミックスデュエット日本代表ペアと勢ぞろいした日本男子選手たちによる「We will rock you!」を皮切りに、各国の選手たちによるユニークなパフォーマンスが披露され会場は大いに盛り上がりました。最後はマーメイドジャパンによる「2020応援ソング パプリカ」を使用したパフォーマンスで大会は幕を閉じました。

▼オープニングアクトは日本男子チームとシニア&ジュニアミックスデュエットによる「We will rock you!」
190429gala01

▼スペインチームはミックスデュエットペアも含めた全員参加のヒンドゥーダンスを披露。
190429gala03

▼ロシアのロマシナ・スベトラーナ選手はプリティーウーマンを見事に演じました。
190429gala05

▼中国チームはステージ上で傘を使い美しく舞いました。
190429gala06

▼SWAN LAKEで息の合った演技を魅せてくれたロシアミックスデュエットペア。
190429gala07

▼シャークの着ぐるみで登場したセルビアのデュエット。
190429gala08

▼イギリスのデュエット。浮き輪などの小道具を使った演技が見られるのもGALAならでは。
190429gala09

▼最終演目は「2020応援ソング パプリカ」で演技したマーメイドジャパン。選手たち自らで振り付けたルーティンを笑顔いっぱいで泳ぎ、会場を盛り上げました。
190429gala12
190429gala13

▼全国から集結したボーイズスイマーたち
日本で初めて行うGALAで男子チームを編成してご披露しよう、というアイディアに全国のボーイズが自発的に手を挙げてくれて、当日半日の練習で形にしました。
190429gala14


■競技結果・RESULT■
大会公式ページ 

FINA AS ワールドシリーズ 第4戦 ジャパンオープン 2019 最終日

FINA AS ワールドシリーズ 第4戦 ジャパンオープン2019 最終日は29日、ハイライトルーティン、ソロ・フリー、フリーコンビネーションが行われました。

ハイライトルーティンには4チームがエントリー。日本チームは選手たち自ら作り上げた「恐竜」をテーマにした演技で、アクロバティックを得意とするスペインチームを0.3667点差でかわす92.0000点で優勝しました。

ハイライトルーティン決勝
1 Japan 27.5000 36.8000 27.7000 92.0000
2 Spain 27.5000 36.5333 27.6000 91.6333
3 Canada 26.6000 34.9333 26.9000 88.4333

PKW194291861

PKW194291938

PKW194291988

ソロ・フリーは乾友紀子が水の妖精「オンディーヌ」をしなやかに演じ、自身の目標とする93点を超える93.4667点の高評価を得て優勝。イタリアのリンダ・セルッティ、カナダのジャクリーン・シモヌーが2位、3位と続きました。

ソロ・テクニカル決勝
1 Japan 28.1000 37.4667 27.9000 93.4667
INUI Yukiko 1990
2 Italy 27.3000 36.4000 27.4000 91.1000
CERRUTI Lind 1993
3 Canada 27.4000 36.0000 26.8000 90.2000
SIMONEAU Jacqueline 1996

PKW194294201

PKW194292129

PKW194292075

PKW194294292


大会最終種目のフリーコンビネーションには3チームがエントリー。「マーメイド」を演じた日本チームが92.3000点で優勝しました。

フリーコンビネーション決勝
1 Japan 27.5000 36.8000 28.0000 92.3000
2 China/Sichuan 26.8000 35.3333 26.5000 88.6333
3 Korea 24.1000 31.0667 23.9000 79.0667

PKW194294265

PKW194292960

PKW194292974

PKW194294281


■競技結果・RESULT■
大会公式ページ 

記事検索
QRコード
QRコード
注意事項
マーメイド日記に掲載される個々の文章、写真その他に関する著作権は、公益財団法人日本水泳連盟に帰属します。無断転用は禁じます。