2019年06月

第10回アジアエージグループ選手権大会 第1回合宿

9月末にインド・バンガロールにて行われる第10回アジアエージグループ選手権大会に向けて、ナショナルジュニアチームの第1回合宿がスタートしました。
初代表の選手も多いですが、緊張感もありながらジュニアらしく元気に練習に励んでいます。
今回の合宿では各種目の内容を確認しながら練習をしました。

▼チーム(ハイライトルーティン)
1906jr1

▼デュエット(和田彩未選手・小林唄選手)
1906jr2

▼デュエット(佐藤友花選手・鈴木ひかり選手)
1906jr3

日本水泳連盟HP 大会ページ

FINA ASワールドシリーズ 総合ランキング表彰

FINA AS ワールドシリーズ スーパーファイナル最終日は,ハイライトとコンビネーション,そしてGALAが行われました。
足立夢実&安部篤史はGALAで「Japanese Princess and Samurai」を演じ,好評を博しました。
また,ワールドシリーズ総合ランキングの表彰が行われ,日本は第4位となりました。

ワールドシリーズ総合ランキング
第1位     Canada - 1425 points
第2位     Ukraine - 1365
第3位     Spain - 1220
第4位     Japan - 1130

▼総合ランキング4位でクリスタル盾を頂きました。
1906SF13

1906sf12

1906sf10

1906sf11

FINA AS ワールドシリーズ スーパーファイナル 第2日目

FINA AS ワールドシリーズ スーパーファイナル第二日目,ミックスデュエットフリーに日本の足立夢実&安部篤史が出場しました。
「ターザン&ジェーン」のテーマで伸び伸びと泳ぎ,銅メダルを獲得しました。リフトも良く決まり,目ヂカラのある表情で緩急豊かに演じました。
訪欧中のスポーツ庁長官鈴木大地氏がブダペストまで応援に駆けつけてくださり,表彰式のプレゼンターを務めてくださいました。

Mixed duet free
1. Mayya Gurbanberdieva, Aleksandr Maltsev (RUS) 93.0667
2. Manila Flamini, Giorgio Minisini (ITA) 90.8000
3. Atsushi Abe, Yumi Adachi (JPN) 88.9667

1906SF9

1906sf6

1906sf7
 


FINA AS ワールドシリーズ スーパーファイナル 第1日目

スーパーファイナル初日は、全種目のテクニカルが行われ、日本のミックスデュエット足立夢実&安部篤史組はロシアに次いで銀メダルを獲得しました。得点も今シーズンベストを達成しました。ところどころ些細なミスが見られましたが、全体には安定した泳ぎを見せ、構成に対しても好評価を得ました。世界選手権に向けてクリアすべき課題が明確になり、大きな一歩となりました。

Mixed duet technical
1. Alexander Maltsev, Mayya Gurbanberdieva (RUS) 90.7902
2. Atsushi Abe and Yumi Adachi (JPN) 87.3446
3. Emma Garcia, Pau Ribes (ESP) 84.6330

▼ミックスデュエット・テクニカル
1906sf8

1906sf3

1906sf4

1906sf5

FINA AS ワールドシリーズ スーパーファイナル

6月14日からハンガリー・ブダペストで開催されるFINA AS ワールドシリーズ スーパーファイナルに向け、ミックスデュエットに出場する安部篤史選手と足立夢実選手が出発しました。
このスーパーファイナルは、2019ワールドシリーズ8戦(パリ、アレクサンドロポリス、カザン、東京、北京、グリーンズボロ、ケベックシティ、バルセロナ)のうち4つ以上の大会に出場した選手/チームの上位12位が出場できます。日本からはミックスデュエットが参戦します。

応援お願いします!!!

1906sf1

1906sf2

日本水泳連盟HP 大会ページ



記事検索
QRコード
QRコード
注意事項
マーメイド日記に掲載される個々の文章、写真その他に関する著作権は、公益財団法人日本水泳連盟に帰属します。無断転用は禁じます。