2020年09月

全国JO分散大会 広島大会

9月21日(月)、ひろしんビッグウェーブにてJO分散大会の広島大会が行われました。

hiroshima1


コロナウイルス対策のため、無観客・最小限の競技役員で実施をいたしました。
また、入場時の検温や健康チェック表の提出、競技役員のマスク着用、会場のすべてのドアを開けるなど、万全の態勢で開催をしました。

▼開会式も距離を意識して整列
hiroshima5

▼入場時の検温
hiroshima4


今回広島大会では、AS広島から13名(10-12歳5名・13-15歳4名・15-18歳4名)の選手が参加しました。
今シーズン初の演技を披露する場ということで、選手はこれまでの練習の成果を発揮し、元気いっぱいのパワーあふれる演技を披露することができました。

hiroshima3

hiroshima2


広島県では、3月〜5月末までプールを使うことができませんでしたが、選手らはプールが使えない時期も、自ら声を掛け合い、毎日オンラインで顔を合わせて陸上トレーニングをするなど、今自分たちができる事を必死に取り組んできました。
5月末からは規制有りですが、プールで泳ぐことができるようになり、泳げることのありがたさを改めて感じることができたようです。

この様な状況の中、競技会開催に向けご理解ご協力いただいた皆様に感謝いたします。
本当にありがとうございました。



全国JO分散大会 三重大会

9月20日(日)、三重交通Gスポーツの杜鈴鹿水泳場にて分散大会を開催いたしました。当初の予定では愛知県と合同開催予定でしたが、コロナウイルス感染拡大の影響により三重県での単独開催となりました。
コロナ対策として無観客での開催予定でしたが、三重県水泳連盟より観客入場の許可があり、受付にて検温、入場時間制限、手指の消毒、観覧席への入退場を1箇所の入口(消毒液の設置)に絞った上で、観客一人一人に健康チェックシートの提出をお願いしました。
開始前、終了後は除菌シートで手すりと観客席の消毒を行いました。

今年度は演技を披露する機会が少なく、大会時期も変更になったため目標設定が難しかったですが、選手はそれぞれの力を発揮し、出場選手全員が標準得点を突破することができました。また5名の選手がオープン参加し、来年の大会を目指す選手として成長していくことを期待しています。

10-12歳 ソロ 1名、チーム 1組
13-15歳 ソロ 2名、デュエット 1組
15-18歳 ソロ 2名、デュエット 1組

▼出場選手、オープン参加選手と一緒に
mie1

▼召集所もソーシャルディスタンス
mie2

▼観客受付、健康チェック後に入場
 mie3


 


 

全国JO分散大会 東北ブロック大会

9月20日(日)に宮城県で東北ブロック大会が開催されました。
新型コロナウイルス感染症の影響で大会開催が危ぶまれましたが、なんとか今年も東北ブロックとしての大会を開催することができました。メインプールでは競泳のJO分散大会が無観客で同時開催されており、隣のダイビングプールでASも無観客でコロナ対策を意識しながら実施いたしました。
どのチームも満足に練習ができない中での試合開催でしたが、選手たちは久しぶりの試合で他県の選手との再会を喜び、今大会がデビュー戦の選手も緊張しながらも生き生きと泳いでいました。普段の試合とは勝手が違う中、選手は精いっぱいの演技を披露し、数種目で標準得点を突破することができました。
大会開催に向けてご理解・ご協力頂いた皆様に心より感謝申し上げます。

参加選手
〈10-12歳〉 ソロ2組、デュエット1組、チーム1組
〈13-15歳〉 ソロ5組、デュエット1組
〈15-18歳〉 ソロ2組、デュエット1組

miyagi2

miyagi1

miyagi0


全国JO分散大会 九州ブロック大会

8月30日(日)福岡県立総合プールダイビングプールにおいて九州ブロック分散大会が開催されました。
九州ブロックでの開催を予定しておりましたが、新型コロナ感染予防のため各県教育委員会等の許可がおりず福岡県のみの出場となりました。
4月の緊急事態宣言以降6月まで突然プールが閉鎖され、練習どころか学校生活、日常生活までが奪い取られ、ブロック大会・チャレンジカップ・全国JOC等の目の前の目標までもが無くなり、どうしてよいのか全く分からないまま時が過ぎました。7月初旬の練習再開時には水を掴む感覚さえ分からないと不安しかありませんでした。ですが少ない練習時間の中で分散大会という目の前の現実の目標に向かってやれる事をコツコツとやり全員がとっても楽しそうにキラキラと泳いでくれました。
九州全体の感染者数も段々増えてきて一時はどうなることかと心配しましたが、プールのガイダンス等に従い感染予防対策を行い、保護者の入場も許可され保護者の皆さんも大変感動されておりました。
選手達にもコーチ達にとっても忘れられない1日となりました。これからの状況がどうなるかは誰にも分かりませんがこの大会での気持ちを忘れず、日々の練習に励み、また全国の皆さんにお会いできる日を目標に頑張っていきたいと思います。
開催にあたりご尽力頂いたすべての方に心より感謝申し上げます。
ありがとうございました。

参加選手:10-12歳 チーム1組 5名
     13-15歳 チーム1組 5名
     15-18歳 デュエット3組 ・ チーム1組6名

fukuoka2

fukuoka3

fukuoka1

fukuoka4


マーメイドカップ2020 大学対抗結果&エキシビション

第96回日本学生選手権水泳競技大会アーティスティックスイミング競技「マーメイドカップ」の学校対抗、選手権校は3種目すべてにおいて高得点を獲得した国士舘大学が3連覇を果たしました。

▼選手権校 国士舘大学
kokushi


ソロ
デュエット
チーム
得点合計
1国士舘大学6
6
8
20
2
近畿大学15
0
0
15
3
早稲田大学 4
8
0
12

恒例の出場選手全員によるエキシビションも行われました。
exhi1

exhi2

exhi3

exhi4

▼閉会式
exhi5


◆競技結果
http://www.swim.or.jp/tournament/687.html

◆見逃し配信


Photo/フォートキシモト
月別アーカイブ
記事検索
QRコード
QRコード
注意事項
マーメイド日記に掲載される個々の文章、写真その他に関する著作権は、公益財団法人日本水泳連盟に帰属します。無断転用は禁じます。