11月1日-3日,ロシア,サンクトペテルブルグ市内にて,FINAシンクロワールドワイドセミナーが開催されています.各国のシンクロ関係者,ナショナルコーチ,FINAジャッジが一堂に介し,世界60ヶ国以上から約180名が参加.

初日はオープニングセレモニーのあと,新ルール,新採点システム,新フィギュアの解説がなされました.フロアからは多くの意見や質問が飛び交い,会場は熱気に包まれています.

初日(11/1)のプログラム:
12:00ー13:00 オープニングセレモニー Russian Synchro Federation
15:00ー16:00 TSSC委員長挨拶 & 新ルール解説 TUDINI Stefania
16:00ー17:00採点システム JASONTEK Virginia
17:30ー19:30フィギュア HOMMA Miwako

明日の午前中は「エレメンツ&ハイライトルーティン」,「ディフィカルティとリスクムーブの評価」がテーマです.午後からジャッジとコーチに分かれ,ジャッジ分科会は採点練習,コーチ分科会は実践分野のエキスパートやコーチを招いて興味深い講義が予定されています.

このセミナーは,4年に一度のFINA A級ジャッジの資格更新研修&試験を兼ねており, FINA A級ジャッジは最終日に約2時間のペーパーテストを受け,合格者のみが来年から4年間,FINA A級として活動できます.
今回,参加しなかったFINA A級ジャッジ,およびB級・G級ジャッジは,2014年1月以降に大陸ごとに開催されるジャッジスクールを受講しなければなりません.スクールは4日間,ルールの勉強と採点練習に明け暮れ,最終日に試験を受けます.
 
オープニングセレモニーは,FINA会長,事務局長,サンクトペテルブルグ市役員,カザン2015世界水泳組織委員会役員の方々が参加し,整然と行われました.
 開会式

初日