2015年度ジュニア代表派遣選手選考会第2日目は,朝の身長測定から始まり,フィギュア4種目,パーフェクトスプリット(右左),課題ルーティンが行われました。

フィギュアは規定2種目と,抽選で1グループのオーロラトワールとロンドンの2種目が実施されました。
写真はエアボーンスプリット。
フィギュア

パーフェクトスプリットは,水中でスプリット姿勢(右脚前)を10秒ホールド,アリアーナターン後,スプリット姿勢(左脚前)を10秒ホールドします。採点の観点はスプリット姿勢の正確性(スプリットの角度,上体の位置,腰の向きなど)と脚のエクステンションで,左右別々に10点満点で採点されます。
パーフェクトスプリット

課題ルーティンは,2015年度ナショナルA・B代表選考会(2014年12月20日)で用いられたルーティンと同じ内容です。A・B代表選考会では一人連続2回泳ぎましたが,今回は1回のみです。昨年のナショナルAチームのチームフリーの曲を用いてチーム規定要素を盛り込み,選考会用に制作された特別の振付になっています。
採点は,脚技の完遂度を採点するパネルと,脚技以外(立ち泳ぎ,ストローク,つなぎなど脚技以外の動作すべて)の完遂度・プレゼンテーションを採点するパネルの2パネル制で行いました。
課題ルーティン直前練習の風景。
ルーティン練習風景
課題ルーティン選考。
課題ルーティン