合宿中,平山素子先生に来ていただき,新作のチームフリーとデュエットフリーの陸上動作+ウォークオンを振り付けていただきました。

 シンクロでは,演技の開始は陸上もしくは水中からとルールで決まっています。ちなにみ終了は必ず水中で終わらなければなりません。陸上動作は10秒以内が制限時間です。音楽開始から最後の選手がフロアから離れるまで10秒内に収めなければいけません。これを過ぎた場合には1点が減点されます。
 10秒以内に全員が飛込まなければならないので,陸上動作はポーズとわずかな動作のみしか行えず,あっという間の演技です。しかしながら,最初のポーズはまさに“第一印象”になるため,とても大事です。トップ選手が,会場に出てきただけで空気が変わり,オーラが漂います。ベテランジャッジは,陸上動作をとるまでのウォークオン(30秒内)と陸上動作のポーズで,スコアレンジを予想してしまえるほど。最初のポーズが印象的だと,多くの人の脳裏に焼き付く演技になるのです。

▼先生が動くとすべてがステキに見える!?
選手の動きはまだぎこちないですが,練習して自分たちのものにしていきます。
平山先生チームフリー
平山先生TF2
▼デュエットフリーの演技映像を見て,イメージを湧かせます。
平山先生DF1
平山先生DF2