3月16日、17日の二日間に渡り、世界チャンピオンのロシアデュエット担当コーチであるタチアナ・ダンチェンコ氏を講師に招いたコーチ&ジャッジセミナーが開催されております。
初日の今日はナショナルトレーニングセンター(NTC)研修室にてトレーニング&コンディショニングについての講義から始まりました。講義は受講者からの質問にダンチェンコ氏が答えるという質疑応答形式で行われ、ロシアのトレーニングメニュー、コンディショニング法など多くの質問に丁寧に答えてくださり、興味深いお話を聞くことができました。
続いて行われたNTC体操場を使っての陸上トレーニングでは、筋力・柔軟性強化のトレーニングを同行したロシアジュニアのカリーナ選手が実際に見せてくれました。
午後からはJISSのシンクロプールにてスイムメニューや水中トレーニングメニューの紹介。こちらもカリーナ選手の実演でとても分かりやすく、体の使い方などを理解することができました。
最後には乾友紀子選手のソロテクニカルルーティンと乾選手・中牧佳南選手のデュエットフリールーティンのブラッシュアップが行われ、1日目が終了しました。


▼タチアナ・ダンチェンコ氏(写真中央)
170316clinic2

▼遠征から帰国したばかりのナショナルチームメンバーを含め80名程の受講者が参加した。
170316clinic1

▼ロシアのジュニア、カリーナ選手がデモ選手として来日。優れた柔軟性を見せてくれた。
170316clinic_gym2

▼ロシアのナショナル選考会で必ず行われるという三点倒立でのスプリット旋回。高い柔軟性が求められる。
170316clinic_gym1

▼プールセッションではスイムメニュー、ベーシックトレーニングなどが紹介された。
170316clinic_pool1

▼乾選手のソロテクニカルルーティンのブラッシュアップ。
170316clinic_pool2