2月11日、12日の2日間に渡り、JISS研修室及びシンクロプールにおいて、ルール改正特別研修会が行われました。
4年に1度のルール改正で全国から約150名のシンクロ関係者が参加しました。

初日は強化報告からスタートし、FINAルール改正点について、競技会について、そしてバッジテスト改訂についての説明が行われました。
また講義終了後には懇親会が行われ、全国の各加盟団体のアピールタイム、金子正子前シンクロ委員長のIOC CoachesLifetime Achievement Awards受賞のお祝いなど、和やかなひと時となりました。

2日目は朝からプールセッションで、バッジテストの改訂箇所や、基本技術や新フィギュアの指導ポイントの説明が行われました。
昼食を挟んで、午後は減点についての講義から始まり、シンクロプールへ移動し、新しいテクニカルルーティン規定要素の紹介、指導ポイントと減点に関する解説が行われました。プールセッションではナショナル選手からジャンパー強化指定選手、関東ブロック所属の小中学生がデモ選手の協力のもと、より実践的な解説となりました。
最後にはアクロバティック動作に関する解説が行われ、2日間に渡る研修会が終了しました。

今回は多くの皆様にご参加いただき、ありがとうございました。
また、ナショナルコーチをはじめ、講師の皆様、スタッフの皆様、ナショナル選手、デモ選手など、関係者の方々、お疲れ様でした。大変お世話になりました。


▼全国から150名弱のシンクロ関係者たちが集まりました。
1802rule1

1802rule2

▼本間シンクロ委員長
1802rule3

▼井村ナショナルヘッドコーチ
1802rule4

1802rule5

1802rule6

1802rule7

1802rule8

▼ナショナルチームの選手をはじめ、ジャンパー強化指定選手、関東ブロックから小中学生がデモ選手として協力をしてくれました。
1802rule9