9月22日、23日の2日間、国立スポーツ科センター(JIJSS)・シンクロプール及び研修室においてコーチキャンプ2018が行われました。
初日のプールセッションでは井村雅代コーチを中心にナショナルチームのトレーニング紹介されました。デモ選手として日本代表から乾友紀子選手、吉田萌選手、小俣夏乃選手、塚本真由選手と、在関東クラブの大学生から小学生までの選手が参加してくれ、短い時間ながら充実した講義となりました。

2日目は研修室での講義となりました。
今年度の海外遠征報告からスタートし、3月に行われたロシアジャンパー合宿報告、年代別トレーニングについて、そしてバッジテスト合否のポイントという流れで進んでいきました。

スケジュール
22日
12:30 受付
13:00 開講式
13:15-14:15 陸上トレーニング
14:15-15:15 高さを上げるトレーニング・スピンなどの練習法
15:15-15:30 休憩
15:30-17:00 ジュニアエレメンツの練習法
小学生のフィギュアの練習法
17:00-17:30 ルーティン中の並び方と距離感について

23日
 8:40 受付
 9:10-10:00 世界ジュニア選手権報告
アメリカオープン報告
アジア大会報告
10:00-11:00 ロシアジャンパー合宿報告
11:00-11:15 休憩
11:15-12:15 年代別トレーニングについて
12:15-12:45 バッジテスト合否のポイント
12:45-14:00 昼食
14:00-16:00 全国強化担当会議

▼今年も全国から多くのコーチの参加がありました。
1809coach1

▼高さを上げるトレーニング
1809coach2
1809coach3

▼小学生のフィギュアの練習法
1809coach5

▼ルーティン中の並び方と距離感について
1809coach6

▼2日目、研修室での講義の様子
1809coach7

▼全国強化担当会議
1809coach8