ロシアンマトリョーシカ大会1日目はフィギュア競技から始まり、ロシア国内の様々なクラブの選手と海外からの選手を合わせて総勢255名のエントリーで行われました。

上位にはやはりロシアの選手(しかも、2008年生まれ!5年生!!)が占めており、12歳以下でも水面からの高さが楽々脚のつけ根まで上がってそれを維持する力があり、今大会のレベルの高さが伺えました。

規定フィギュアのバラクダは、日本の比嘉もえ選手が高さと速さがある、文字通りスラスト(突き刺す)のような素晴らしい出来でこの種目については1位でした。

日本の選手達、夏のジュニアオリンピック時からさらに練習を重ねそれぞれにベストを尽くしましたが、世界はまだその上手を行っています!自分達の現状を知り、刺激をもらういい機会になったのではないでしょうか。

明日からフリールーティンです。頑張ります!

◆フィギュア競技結果(エントリー:255)
11 比嘉 もえ 07 71,5669
48 新 直乃子 07 67,1056
53 坪井麗美伽 07 66,6972
66 新 佳乃子 07 66,0106

▼フィギュア競技の様子。
191213rus02

191213rus01

▼ジャッジミーティングの様子
191213rus03


◆オンライン・ストリーミング(フリールーティンのみ)
http://facecast.net/v/e8wsnb

◆大会公式ページ
http://synchrorussia.ru/kalendar/2019/ms-russkaya-matreshka